家庭菜園のはじめかた

家庭菜園 どこではじめるの

自分の庭で育てた採れたての野菜は、鮮度もよく自分の心もはいっているので見た目が少し気になってもとてもおいしく感じます。そこでこれから 家庭菜園をはじめる方に向けて簡単にはじめられる方法をお伝えしていきたいと思います。

家庭菜園はプランター、家の庭、農園や空き地など、さまざまな場所で楽しむことができるのが特徴です。最も簡単なのはプランターを利用した菜園で、狭い場所でもすぐに家庭菜園を始めることが出来ます。家の庭や空き地を利用して家庭菜園をはじめる場合は、日当たりが良く、水はけや風通しの良い場所を選びます。

少し大きい畑で家庭菜園を行うには、市民農園などの農園を借りるのが簡単で、初心者でも簡単に始められます。市民農園の借り方は、お住まいの自治体の産業課や農政課又は市民に配られている広報等で確認が出来ます。

家庭菜園野菜作りに必要なもの

生産する作物や、生産する場所によっても変わってきますが最低限必要なものをお伝えします。プランターを利用した場合は、プランター(プラスチック製は軽くて持ち運びにいいですが、通気性が悪く 夏場は虫が発生しやすいのと空気の入れかえをしないと湿度が高くなり作物の生育に影響が出ます、木製は通気性はとてもいいのですが、重かったり耐久性が悪いのが特徴です)移植ごてガーデニング用品で、片手で持つ小型のシャベルのことで、ガーデニングの際に草花の移植をしたり、苗を植え付ける時などに使う小型の園芸用スコップ、園芸用シャベルとも言います。移植ごては根の深い雑草を掘り起こすのにも適しています。ジョウロ園芸ばさみ、支柱、ヒモ、鉢底石はプランターの大きさ等条件に左右されるので必要ない場合があります。鉢底石を使うかどうかではなく「培養土の排水性」のほうがもっと重要な問題なのです。市販の培養土の中には排水性のよくないものも多く、これでは鉢底石を使っても意味がないです。

ミミズやバクテリアなど土壌生物が家庭菜園用の安全な腐葉土を作ります。

腐葉土の原料は植物の枯れた葉っぱや枝その他になっていますが、堆肥の原料は動物のフン(ミミズのふんも含む)や生ごみ、樹木の皮や、弊社で販売している竹炭といった「有機物」です。