家庭菜園の土づくり(畑を耕す時期)

家庭菜園の土づくり

畑を耕す時期

畑を耕す季節は、主に秋と春があります。秋耕起は気温が低下する前の晩秋にプラウなどの農機具で粗く耕します。大きな塊で耕しても、冬期間の寒さのため、土が凍結と融解を繰り返して、固まりは細かく砕かれます。

春耕起は気温が上昇する早春にロータリーなどの農機具で細かく耕します。有機物を分解する微生物が繁殖して無機化が進み、野菜の生育に必要な栄養分が出てきます。不耕起という方法もあります。たんに耕さないのではなくて、野菜を栽培しない時期に草を生やして、草の根が伸長と枯死を繰り返すことで畑を耕すのです、草の根による耕起を図るわけです。畑を耕すのは種まきの前が多いですが、作物の生育中にも行います。たとえば、野菜の生育途中に、畝と畝の間を耕したり、土の表層を浅く耕したりします。これを中耕といいます。

また、野菜が倒れないように野菜類の株元に土を寄せることもあります。これを土寄せといいます。中耕や土寄せは、肥料の効果を高めるためにも行います。肥料成分のリン酸を吸収する根は土の浅い部分にありますので、中耕や土寄せをすることでリン酸の吸収を助けるのです。また、酸素が土の中に入りますので、有機物の分解も促進されます。中耕をおこなうときは、根を傷つけないように気をつけます。

明渠と暗渠

畑の一部に排水溝を見かけることがあります。こうした地上に設けられた排水溝を明渠といいます。明渠は、土の構造が降雨によって破壊されないためと、水の流れを良くするためにおこないます。畑の水はけを良くするために地下に水路を設けることもあります、これを暗渠と言います。深層暗渠70cmと浅層暗渠30cmがあり、2つを組み合わせて用いることが多いです。

 

 

土壌改良の効果が実感できる竹酢液は、国産の竹の原料の産地がきちんと表示されていて、炭になる製法がきちんと説明されている商品です。

家庭菜園で堆肥として使用するミミズ堆肥は有機特殊肥料として注目されています。

 

家庭菜園の土づくり(畑を耕す)

家庭菜園の土づくり

畑を耕す

畑を耕すことを耕転といい、有機物や肥料を土を混ぜ合わせることと、土壌を立体にする(作土、心土)目的があります。土を耕すと酸素の流入が促進され、野菜の根張りが良くなります。深く耕すほど根は深く伸び、上から下まで均等に分布することが出来ます。家庭菜園の畑を耕すには、大きく分けて、プラウ耕(鋤 すき)、ロータリー耕(鍬 くわ)、ハロー耕(レーキ)の3種類があります。プラウ耕は土を大きく耕起するのに使用します。ロータリー耕は大きく耕した土壌を細かく崩し、ハロー耕は表面をさらに細かく耕し平らにします。通常プラウ耕は15~20cm、ロータリー耕は5~15cm、ハロー耕は5cmを耕します。こうすることで、15cm~20cmは粒径の大きいゴロゴロ層、5~10cmが中粒のコロコロ層、0~5cmが細粒のなめらか層となり、水はけと水持ちの良い作土層の立体が出来上がります。なめらか層は種子をまくのに適していて、コロコロ層は土壌微生物が豊かで野菜の根が土の養分を吸収する場となります。ゴロゴロ層は水もちと水はけを担い、野菜の吸水に適しています。

畝の立て方

畑で土の盛り上がった部分が畝です。畝は何のために作るのかという質問に対して、水はけを良くするのと、地温の低い時期に土を温める等の目的がありますと解答しています。また、作土葬が薄い場合や根の深い野菜を栽培する場合にも畝が立てられます。畝の方向や高さは、畑の傾斜や土性、水はけの良しあしで変えます。傾斜の弱い畑では、等高線あるいはその反対でも問題はありませんが、傾斜の強い畑では等高線に沿って畝を立て、両サイドは水が流れ出るようにやや低くします。砂質で乾燥する土壌では低くするか、畝たてはおこないません。畝の方向は、太陽光線の受光の関係から南北畝が原則です。とくに光を好む 長ネギやトウモロコシは必ず 南北畝にします。東西畝にする場合は光要求性が低いショウガやダイズ(エダマメ)に用います。また、ホウレンソウやダイコンなど根が深く伸びる野菜や、ナスやイチゴなど長期間栽培する野菜は20cm~30cmの高畝にして作土層を大きくします。

土壌改良の効果が実感できる竹酢液は、国産の竹の原料の産地がきちんと表示されていて、炭になる製法がきちんと説明されている商品です。

家庭菜園で堆肥として使用するミミズ堆肥は有機特殊肥料として注目されています。

 

家庭菜園の土づくり(微生物)

家庭菜園の土づくり

植物と共生する微生物(竹炭)

微生物の中には、植物の根に共生しているものがあります。菌根菌と呼びます。菌根菌は野菜からエネルギー源として炭水化物の供給を受ける一方で、土壌中からリン酸やミネラルを集め野菜に与えます。菌根菌と共生している野菜はリン酸やミネラルの供給を植けるので、よく育ちます。また菌根菌の刺激で病害虫に対する抵抗性も誘導されることから、菌根菌は作物の生育に重要な役割を果たします。菌根菌を活性化させるためには、竹炭やくん炭といった資材が使用されます。菌根菌は外生菌根菌と内生菌根菌に分けられ、外生菌根菌は、植物の養分交換をおこないます。内生菌根菌のなかでもVA菌根菌は、ほとんどの植物に菌根を形成するので非常に役立つ微生物です。

土壌病害

家庭菜園で野菜を育てていると、さまざまな作物の病気に悩まされます。家庭菜園の野菜類に発生する病害は、大きく分けて、地上で伝染するもの、種子で伝染するもの、土壌で伝染するものの3つがあります。そのうち、土壌で伝染するものが土壌病害です。根や株元など特定の部位に発病するものもあれば、全身に及び場合もあります。土の中に根を伸ばして生育する野菜類には、土壌微生物を抑える働き(抗菌作用)が備わっています。このため、多くの土壌微生物は野菜の根圏では繁殖することが出来ません。病原菌は低密度だと、野菜に害を与えません、しかし病原菌が一定以上の密度に達すると、野菜に侵入し、病害を発生させます。

主な野菜の土壌病害

トマト

病名 萎ちょう病 導管が閉塞し、萎ちょう枯死する。

ナス

病名 青枯病   導管が閉塞し、萎ちょう枯死する。

疾病    地際部の茎が腐敗する。

キュウリ

病名 つる割病  導管が閉塞し、萎ちょう枯死する。

ブロッコリー

病名 根こぶ病 根にこぶを生じ、萎ちょうする。

ホウレンソウ

病名 萎ちょう病 導管が閉塞し、萎ちょう枯死する。

病名 立枯病   地際部の茎が腐敗する。

レタス

病名 すそ枯病  地際部の茎が腐敗する。

長ネギ

病名 黒腐菌技病 茎にブツブツが生じ腐敗する。

ダイコン

病名 萎黄病 ダイコンの維管束が掲変し、黄化萎ちょうする。

病名 菌枝病 ネズミの糞大の菌技を生じ、腐敗する。

ジャガイモ

病名 そうか病 イモの表面がザラザラになる。

病名 輪腐病 イモの維管束が輪状に腐敗する

ニンジン

病名 乾腐病 没落し腐敗する

しみ腐病 赤褐色のシミを生じる。

サツマイモ

病名 つる割病 導管が閉塞し、萎ちょう枯死する

黒斑病  イモが黒褐色に陥没腐敗する

イチゴ

病名 萎黄病 導管が閉塞し、黄化萎ちょうする

根腐病 根の中心が腐敗し、萎ちょう枯死する

 

土壌改良の効果が実感できる竹酢液は、国産の竹の原料の産地がきちんと表示されていて、炭になる製法がきちんと説明されている商品です。

家庭菜園で堆肥として使用するミミズ堆肥は有機特殊肥料として注目されています。

 

家庭菜園の土 10

家庭菜園の土 10

酸度と塩分濃度

「酸性の土は作物が育ちにくい」と言われていますが、これには土壌微生物の性質も関係しています。土壌微生物の働きは、土壌の酸度PHによって大きく変化しているからです。たとえば、一般細菌や放線菌が増殖に適しているのは、PH5~9で最適なのは6.5~7.5です。一方、酵母や糸状菌の場合はPH1.5~9で増殖に適し、最適が4~6です。一般的には、酸性(7未満)で糸状菌が増殖しやすく、アルカリ性(7以上)で細菌が増殖しやすい傾向にあります。植物病原菌の多くは糸状菌なので、酸性になるにつれて病害が発生しやすくなります。たとえば、根こぶ病の病原菌は糸状菌なので、酸性土壌では発病しやすく酸性を改良すると言われてます。また、塩や砂糖の浸透圧も微生物に影響を与えます。塩や砂糖の濃度が高いと、微生物が繁殖しにくくなります。家庭菜園では、砂糖濃度よりも、塩分濃度への配慮が必要です。「塩害」は、塩分が家庭菜園に多すぎると、微生物に影響を与え、それが作物の生育にも及ぶからです。塩分濃度によって、生育できる微生物は異なります。家庭菜園の微生物は塩を多く含む糞尿を多用すると、塩分濃度が高くなり、分解微生物の繁殖が抑えられ有機物の分解が遅れます。さらに、塩分濃度が高い状態が継続すると、好塩菌が繁殖し、作物の生育は極端に抑えられます。このため、塩類が家庭菜園に集積してしまった場合は、水をまくなどして除塩が必要になります。

土づくりに役立つ微生物

大気中の窒素を取り込んで、植物が利用できる有機物に変えられる微生物がいます。窒素固定菌と呼ばれ、窒素固定菌によって有機化された窒素は、菌体内に保持され、その菌体が死滅すると分解を経て無機化され植物が利用d系るようになります。窒素固定菌を野菜作りに使用することで、窒素肥料(化学肥料)の使用を減らすことができます。野菜と共生する窒素固定菌には、根粒菌、組織内共生菌、フランキュア、昆虫腸内共生菌などで、代表的なのが マメ科の根に共生する根粒菌です。根粒菌は、マメ科の細胞と共生器官をつくり、空気中の窒素を固定して植物に供給します。植物は、炭酸ガスを同化した炭水化物を根粒菌に与えます。このように、マメ科と根粒菌は共存、共栄の関係にあります。フランキュアは、植物の根に菌根を作って共生する微生物で、窒素固定能力のある放線菌に属します。

 

土壌改良の効果が実感できる竹酢液は、国産の竹の原料の産地がきちんと表示されていて、炭になる製法がきちんと説明されている商品です。

家庭菜園で堆肥として使用するミミズ堆肥は有機特殊肥料として注目されています。

 

 

家庭菜園の土 9

家庭菜園の土 9

土の中の微生物

土の中は生き物の宝庫です。畑の土の中には10R(1000㎡あたり、)750kgの生物が生息しています。その95%が微生物で、人間の目では見えません。家庭菜園にとって、微生物は大切な存在です。前の期に栽培された収穫の残り物(収穫残渣)や肥料として投入された有機物を分解してくれるのが微生物です。収穫残渣や植物性の有機物を食べるのは、ミミズ、ナメクジ、カタツムリ、ダニ、トビムシなどで、これらの糞尿はワムシやミジンコによって食べられるか、細菌や糸状菌などの土壌微生物に利用されます。ミミズが多い畑は、有機物の分解を受ける前の状態で、ミミズが収穫残渣や未熟な有機物を消化した後、微生物による分解がはじまります。ミミズが発生する家庭菜園は、有機物が充分に施用されているため、やがて良い土になります。収穫残渣や肥料などの有機物の大半は、微生物によって分解されて無機物となり、作物の生育に利用されます。このことから、微生物は家庭菜園にはなくてはならない存在です。土の中には、1gあたり30億個の微生物が生息していると言われています、研究によって生態がある程度解明されたのは全体の10%程度と言われています。さらに、人工的に培養できるのは全体の1%にすぎません。微生物には、大きく分けて「菌類」「細菌」「藻類」「厚生動物」の4つがあります。家庭菜園の土壌では、主に細菌と菌類が有機物を分解します。野菜作りでは細菌(一般細菌)、放線菌、糸状菌と酵母の4つです。

1)一般細菌

土壌の中で一番数が多い菌です。細胞の中に核を持たない原核微生物です。

2)放線菌

放線菌も土壌に広く分布する微生物です。細菌が菌糸を形成して細長く増殖するので、その形から放線菌と呼ばれます。家庭菜園では、高分子の有機物を分解します。

3)糸状菌

糸状菌は真核微生物で、菌糸を持っています。植物病原菌の多くは糸状菌の仲間です。家庭菜園では、有機物分解を担う糸状菌も数多く生息します。

4)酵母

酵母とは菌糸での生長を失った単細胞の微生物です。花、果実、樹液など糖分を多く含む場所で繁殖し、家庭菜園では有機肥料の発酵に利用されます。

土壌改良の効果が実感できる竹酢液は、国産の竹の原料の産地がきちんと表示されていて、炭になる製法がきちんと説明されている商品です。

家庭菜園で堆肥として使用するミミズ堆肥は有機特殊肥料として注目されています。

 

 

家庭菜園の土 8

家庭菜園の土 8

土の化学性 5

家庭菜園の土の色と香り

黒々とした土の畑は、肥沃そうに見えたりします。実際に、畑にいると強い土のにおいや香りが感じることがあります。たとえば、腐植の含量や地力については、土の色が黒褐色の場合は高く、白~黄色の場合は低い傾向にあります。また塩類が集積した土壌では、乾燥すると表面に塩類の結晶が出来白っぽく見えたります。香りについては、カビ臭や腐食臭がある場合は土壌微生物が盛んに繁殖し、ほとんど香りがない場合は安定期にあたります。有機物のセルロースが放射菌によって分解されると、床下のような香りがします。見た目だけで土壌の性質を判断することはできませんが、土を選ぶ場合は、土の色が黒っぽく、香りの少ない畑が望まれます。

土が砂質で養分の保持力が弱い畑では、粘土鉱物や山土を入れることがあります。これを「客土」といいます。客土をすると、地力が改善され、立派な野菜ができることがあります。しかし、客土がいつもうまくいくとは限りません。サツマイモや豆類など栄養分が少ない土を好む野菜もあるので、そこへ粘土鉱物が多く含まれている土を客土すると、失敗することがあります。客土をするときは、土の種類や栽培する野菜を考えて施用します。粘土鉱物に吸着される栄養分は、カリウム、アンモニウム、カルシウム、マグネシウム、など陽イオンを持っている有機物です。これらの化学肥料を施用する場合、粘土鉱物は有効に働きます。しかし、有機肥料には、必ず粘土鉱物が有効に働くとは限りません、なぜなら有機肥料は微生物によって分解され栄養となる無機物が作られますが、粘土鉱物を搬入することで、微生物の繁殖を抑制し、有機物の分解を遅らせてしまうことがあるからです。一方で、有機物から作られる腐植は粘土鉱物と同じように栄養分を保持する力が強いので、堆肥などの有機物施用は粘土鉱物と同じような効果が期待できます。有機質肥料では粘土鉱物を混ぜて分解を遅らせて肥料効果を長くする方法があります。

 

土壌改良の効果が実感できる竹酢液は、国産の竹の原料の産地がきちんと表示されていて、炭になる製法がきちんと説明されている商品です。

家庭菜園で堆肥として使用するミミズ堆肥は有機特殊肥料として注目されています。

 

 

家庭菜園の土 7

家庭菜園の土 7

土の化学性 4

野菜作りに望ましい化学性

酸度が5.5~6.5,電気伝導度0.3~0.7ms/cm, カルシウム、マグネシウム、カリウムといった作物の栄養素も多ければいいというわけではありません。養分バランスも必要で、カルシウム:マグネシウム:カリウム=6:4:3に近いことが望ましいです。

自分の家庭菜園の土壌状態を測るには、土壌分析を行うことが大事です。地方自治体が運営している市民農園では、土壌分析をおこなってから貸し出している場合が多いのでそれを参考にします。また、畑を農家から借用している場合は、貸し出す前の栽培時に分析したデータを見せてもらうと参考になります。

最近は、簡易土壌診断キットが販売されているので、家庭菜園を借りている仲間で共同購入して利用するのも1つの方法です。

養分の不足と過剰

作物の生育でとくに重要なのが、窒素、リン酸、カリウム、カルシウム、マグネシウム、です。窒素はすべての作物に必要な成分で、茎葉を生育させます。リン酸は花や果実を大きくさせ、カリウムとカルシウムは根の生育に欠かせません。マグネシウムはリン酸の吸収を高める役割があります。たとえば、窒素が欠乏すると葉が黄色っぽくなり、全体に生育が悪くなります。リン酸が欠乏すると、葉が小さくなって濃緑色になりつやがなくなります。カリウムが欠乏すると、葉が黄色っぽくなり枯れたりします。カルシウムガ欠乏すると、、葉や根の先端の生長がとまります。マグネシウムが欠乏すると、下の方の葉や果実近くの葉が黄色くなったりします。養分が過剰になった場合でも、生育に影響が出ます。窒素が過剰になると、茎や葉が軟弱になり、病害に弱くなります。リン酸やカリウムが過剰になると、マグネシウムの吸収を阻害することがあります。このように、養分は不足でも過剰でも良くありません。肥料は土壌の養分の不足を補うことが出来ますが、施肥しすぎには注意が必要です。

 

土壌改良の効果が実感できる竹酢液は、国産の竹の原料の産地がきちんと表示されていて、炭になる製法がきちんと説明されている商品です。

家庭菜園で堆肥として使用するミミズ堆肥は有機特殊肥料として注目されています。

 

 

家庭菜園の土 6

家庭菜園の土 6

土の化学性 3

酸度

「酸性の土は作物の育ちが悪い」その理由は、酸性の土壌では、作物による栄養の吸収が抑制されるためです。日本の土壌は酸性になりやすい条件が揃っています。土壌の多くが酸性が強いうえに、温暖で雨が多い気象条件のためです。雨が直接土壌に落ちると、粘土に吸着されているカルシウム、マグネシウム、カリウムが追い出され、炭酸が吸着されてしまうため酸性化が促進されます。「土がどのくらい酸性か」を表す指標が酸度(PH)です。野菜が好む酸度は、種類によって異なります。

土壌酸度と農作物

1)酸性を好む野菜

サトイモ、チャ、イネ、ルービン

2)耐酸性が強い

ダイコン、カブ、カリフラワー、サツマイモ、ダイズ

3)耐酸性があるが弱い

トマト、ジャガイモ、ソラマメ、コムギ

4)酸性に弱い

ホウレンソウ、ネギ、ナス、レタス、エンドウ、オオムギ

土壌が酸性になると、作物はホウ素やモリブデンの欠乏症が発生しやすくなります。さらに、マンガン、鉄、銅、亜鉛は酸性で溶けやすいため、過剰に吸収して障害を発生させます。土の中の栄養分の溶け方は、酸度によって異なります。こうしたことから、土壌酸度を調べることは野菜栽培にとってきわめて重要です。

電気伝導度

土壌の中に、どのくらい肥料分が含まれているかを測る指標が電気伝導度です。電気は純水の中は伝わりませんが、塩類(肥料成分)が溶けていると伝わります。電気の伝わり方は塩類の濃度に比例し、硝酸体窒素含有量とは強い相関関係があります。このことから電気伝導度が高い土壌は窒素が多い、肥料過多の土壌の可能性が高いと言えます。

 

土壌改良の効果が実感できる竹酢液は、国産の竹の原料の産地がきちんと表示されていて、炭になる製法がきちんと説明されている商品です。

家庭菜園で堆肥として使用するミミズ堆肥は有機特殊肥料として注目されています。