誤解の多い家庭菜園

家庭菜園でよく栽培される野菜 

 

誤解の多い家庭菜園

家庭菜園で栽培した野菜類は安全でおいしいと、一般的には思われていますけど、ここに大きな誤解があります。確かに自分で栽培した野菜類は栽培経過がよくわかっているため、本人にとっては安心感があります。ところが、安心と安全には大きな違いがあり、家庭菜園の場合、安全性はほとんど確認はされていません。一般に販売されている農作物は不特定多数の人々が食するため、安心感は別として、使用する品種、農薬、肥料等は厳密な試験が行われ、安全性が保障されています。

農薬の使用基準が守られているか

農薬を例にとってみると、野菜の種類やその栽培方法(露地、ハウス、雨除け栽培など)ごとに使用できる種類、濃度、散布位置や方法、使用回数、農薬散布後収穫までの日数などが細かく決められ、これを遵守した栽培されたものだけが販売することができます。また、野菜には熱を加えて調理するものと生で食べるものがあります。さらに、生で食べる野菜も、洗うだけと、皮をむいて食べるものがあり、残留する農薬は野菜の種類や食べ方によって大きく異なります。しかし、家庭菜園では少量・多品目で栽培されることが多いため、たとえば、農薬を調合すると、農薬登録のない野菜を含め、すべての野菜に散布されてしまう場合が少なくありません。農薬登録されている場合は、その農薬が作物ごとに安全に使用できる範囲が明らかにされているわけですが、その範囲外の他の野菜に散布されてしまうと、安全であるはずの農薬が危険な薬剤に変貌する場合もあります。農薬を使用して栽培する場合は、農薬の使用基準を守って散布することが大切です。

土壌改良の効果が実感できる竹酢液は、国産の竹の原料の産地がきちんと表示されていて、炭になる製法がきちんと説明されている商品です。

家庭菜園で堆肥として使用するミミズ堆肥は有機特殊肥料として注目されています。

家庭菜園でよく栽培される野菜 

家庭菜園でよく栽培される野菜 

定番野菜かブームの野菜

家庭菜園でよく栽培される野菜類の特徴は、調理に利用されることが多いものか、

誰にでも簡単に作れるものが多くなります。定番野菜類として、果菜類はトマト、キュウリ、ナス、ピーマン、シシトウ、ダイズ、インゲンマメ、トウモロコシ、根菜類はジャガイモ、サツマイモ、サトイモ、ダイコン、ニンジン、葉菜類はハクサイ、キャベツ、ホウレンソウ、コマツナ、ネギ、タマネギ、等が土に栽培されます。定番以外の野菜は流行に左右され、時代とともに大きく左右されます。最近は、健康ブームからゴーヤー(ニガウリ)、モロヘイヤ、ルッコラやバジルといったハーブ類などが栽培されるようになってきました。

種苗の問題点

栽培者自らが苗を育てたり(育苗)、実から苗を採ったり(採取)することもありますが、家庭菜園では、使用する種苗が少ないこともあり、特に苗は購入する場合が多いです。苗は、適期に販売されますが、必ずしも土づくりなど畑の準備と一致していないため、不純な天候下での耕起や定植が遅れてしまうことがあります。そうなると老化苗を用いて活着(根が出ること)に影響が出るなどの問題が発生します。また、販売されている品種は、環境が抑制された均一な圃場で栽培されることを前提に育成されています。ところが、家庭菜園は少量・多品目で栽培されることが多いので、栽培(環境)条件がまったく異なる野菜類が同じ畑に栽培されます。このため、野菜の種類と畑の条件によって、立派に生育する野菜や、見るも無残な野菜が見られます。それぞれの家庭菜園に向いた種を育成するためには、自家採取と苗作りが必要になってきます。

 

土壌改良の効果が実感できる竹酢液は、国産の竹の原料の産地がきちんと表示されていて、炭になる製法がきちんと説明されている商品です。

家庭菜園で堆肥として使用するミミズ堆肥は有機特殊肥料として注目されています。

家庭菜園の土づくり(移植(苗床)の活用)

家庭菜園の土づくり 

移植(苗床)の活用

移植とは、ポットなどの苗床に種をまいて育て、後で家庭菜園に苗を定植することです。ダイコン、ニンジン、ゴボウなどの移植できない野菜を除き、ほとんどの野菜類は移植が可能です。苗の時期は成株に比べて狭い面積でも栽培出来ますので、ポットの苗床で育てます。苗床である程度まで生育したら、家庭菜園に植え付けます。家庭菜園では気温が低く発芽出来ない時期でも、軒先やベランダなどの温かい場所では播種が可能ですので、苗を育てることが出来ます。また、害虫の被害を受けやすい秋野菜は、害虫の食害を受けないようにポットで育苗し、害虫の行動が少なくなる彼岸以降、家庭菜園に植え付けると、被害をほとんど受けることはありません。これらのことから、家庭菜園を効率的に利用するため、移植可能な野菜類は、直播せずに、苗床で育成してから定植するといいでしょう。苗床は小さな面積で済みますので、土づくりは簡単ですし、温度の管理、水かけや光の制御なども容易に行えます。このため、気温の低い時期や高い時期に播種することが出来、前進栽培(早採り)が可能となります。また、収穫前の野菜などの畝間に定植することも可能で、畑の時間と空間を効率的に利用できます。外気温の低い早春に苗作りをする場合は温度を確保する必要があります。保温や加湿には透明な衣装ケース、簡易温室、踏み床温室などを利用します。軒下やベランダでは透明な衣装ケースが手軽で便利です。播種したポットをケースの中に並べ蓋をします。日中は太陽光線にあてて温度を上昇させ、夜間は毛布などで覆って保温します。苗床と畑の環境には大きな違いがあります。苗床で過保護に育った苗を直接畑に植えると、活着やその後の生育が悪くなります。このため、定植前に温室外に2~3日間さらして、外気温や太陽光線に馴らします。

土壌改良の効果が実感できる竹酢液は、国産の竹の原料の産地がきちんと表示されていて、炭になる製法がきちんと説明されている商品です。

家庭菜園で堆肥として使用するミミズ堆肥は有機特殊肥料として注目されています。

家庭菜園の土づくり(混植の成功例) 

家庭菜園の土づくり 

混植2

混植や間作は2種類以上の作物が栽培されるので2倍の肥料が必要ですか?

答えは2倍の肥料が必要ではありませんが、作物によって施肥量を変えた方がいいです。たとえば、エンバクとハクサイ、エンバクとコンニャクなどの間作はエンバクの吸肥力が強いので20~30%増肥しないとハクサイやコンニャクの生育が悪くなります。逆にナスとラッカセイ、トウモロコシとダイズ、ピーマンとアルファルファなどマメ科との混植、間作はマメ科と共生する根粒菌が空中窒素を固定するので、単作と同等かあるいは20%程度減肥します。ブロッコリーとレタス、キュウリやスイカなどウリ科野菜と長ネギ、トマトとニラなどの混植は栄養分には影響を与えません。したがって、ブロッコリー、ウリ科野菜、トマトはそれぞれ通常通りの施肥量とします。

混植の成功例

ナスとパセリは相性の良い組み合わせです。しかし、同じナス科のトマトとパセリの相性は悪く、トマトの近くに植えられたパセリは地上部が溶けてなくなります。雑草の中でも良く育つ共栄を好むキャベツもジャガイモの生育を抑えます。ローズマリーはほとんどの野菜類を排除するため混植には向きませんが、ミョウガとは共栄します。このように、共栄関係を他の野菜の組み合わせに応用するのはなかなか大変です。混植により病害を予防あるいは害虫を忌避する働きは、化学農薬のようにシャープな効果ではなくマイルドです。病原菌の密度が高い場合や、害虫の食餌が近くにない場合はほとんど発現しない場合もあります。ブロッコリーにレタスを混植するとヨトウガ、モンシロチョウ、コナガの飛来を忌避し産卵を抑制します。通常、ブロッコリー5株に対してレタス1株で忌避効果が現れます。ところが、ブロッコリーの周囲をレタスで囲んで栽培した場合でも、ヨトウムシ、アオムシ、コナガの幼虫による食害を受ける場合がありました。これは周囲にアブラナ科の野菜がほとんど栽培されていなかったため、害虫類はレタスを混植したブロッコリーにも産卵したためと思われます。

 

土壌改良の効果が実感できる竹酢液は、国産の竹の原料の産地がきちんと表示されていて、炭になる製法がきちんと説明されている商品です。

家庭菜園で堆肥として使用するミミズ堆肥は有機特殊肥料として注目されています。

家庭菜園の土づくり(コンパニオンプランツ) 

家庭菜園の土づくり 

コンパニオンプランツ

植物は「種の」繁栄のため、種子を分散し大地に根を下ろすと、他の植物を排除して生育範囲を拡大します。しかし、自然を観察すると1種類の植物だけが繁殖しているわけではなく、何種類かの植物が共栄しています。この共栄関係を持つ植物同士を「コンパニオンプランツ」といいます。混植することで双方の植物にメリットがある植物同士がコンパニオンプランツというわけです。自然界に置いて、植物はともに助け合いながら数種で群落を形成しますが、この群落を形成できる関係がコンパニオングランツの原点です。畑の野菜類にも同じような関係がみられます。キャベツ畑にはハコペなどの雑草が生えますが、キャベツは共栄を好み雑草の中でも元気に育ちます。しかし、トマトはほかの植物を排除する力が強く、畑には雑草も生えません。キュウリ、ゴーヤー、キャベツ、ブロッコリーなどは、ほかの野菜類を排除せず共栄を好みます。ハクサイ、トマト、ソバ、ローズマリーなどは、ほかの野菜を排除する働きが強く、共栄できる野菜はほとんどありません。ところが、雑草を含めほとんどの野菜と共栄できるキャベツも、排除する例外的な野菜があります。それがジャガイモで、キャベツ畝の隣に植えると排除されて極端に生育が悪くなります。逆に、ほとんどの野菜を排除するローズマリーもミョウガとは共栄します。また、共栄関係は良くありませんが、混植すると病害虫が予防できるという関係もあります。ピーマンやトマトとニラ、イチゴとニンニクなどが該当します。このように、家庭菜園で用いる共栄関係は絶対的なものではなく、どちらか一方の生育を助け、あるいは役立つ場合はコンパニオンプランツとして考えていいでしょう。ニラや長ネギなどネギ科野菜は土壌病防除と害虫の忌避に役立ちます。また、レタスやシュンギクなどキク科野菜も害虫の忌避に役立ちます。ラッカセイやダイズなどマメ科野菜は土づくりに利用できます。伝承農法ではコンパニオンプランツの事例が数多くみられます。キュウリやスイカなどのウリ類と長ネギ、ウメとリュウノヒゲ、カキとミョウガ、キャベツとハコベ、トウモロコシとハッショウマメやダイズなどは互いに生育促進と病害虫の回避に役立っている関係です。柑橘類とナギナタガヤなどは助け合う関係ではありませんが、病害虫防除に用いられます。

 

土壌改良の効果が実感できる竹酢液は、国産の竹の原料の産地がきちんと表示されていて、炭になる製法がきちんと説明されている商品です。

家庭菜園で堆肥として使用するミミズ堆肥は有機特殊肥料として注目されています。

家庭菜園の土づくり(混植) 

家庭菜園の土づくり 

混植

混植には、基本的条件ともいえる組み合わせがあります。エンバクなどの単子葉植物にはハクサイなどの双子葉植物、葉ネギなどの浅根野菜にはホウレンソウなどの深根野菜、トウモロコシなどの陽性野菜にはダイズなどの陰性野菜、ナスなどの吸肥力の強い野菜にはラッカセイなどの窒素を固定する野菜、生育期間の長いニンニクなどには生育期間の短いスイートコーン、背丈の高いナスには低いパセリなどの組み合わせがあります。実際によくおこなわれる混植の例としては、サツマイモとササゲ、ブロッコリーとレタス、メロンと長ネギ、ホウレンソウと葉ネギなどを同じ家庭菜園で栽培する方法があります。混植は主作物が単作と同等の収量を得られ、かつ副産物の収穫が得られることが原則です。

間作は生育期間の差を利用する

間作は生育期間の差による空間を利用した栽培方法です、間作も混植と同様に基本的条件があります。間作の例としては、冬作のオオムギ、コムギ、エンバクなどのムギ類の間に、春にカボチャ、ラッカセイ、ユウガオ、サトイモなどを栽培する方法です。同じく冬作のタマネギ、ニンニク、ソラマメの間に緑肥のクレムソンクローバー、カボチャ、ユウガオなどを栽培する方法もあります。サツマイモとダイコン、ジャガイモとサツマイモ、ナスとインゲン、トウモロコシとダイズなどの間作もよく知られています。

混植・間作の基本的条件

・単子葉野菜には双子葉野菜

・浅根野菜には深根野菜

・背の高い野菜には低い野菜

・陽性野菜には陰性野菜

・吸肥力の強い野菜には窒素を固定する野菜

・生育期間の長い野菜には生育期間の短い野菜

・相互に悪影響を及ぼす他感物質を出さない

・病害虫が共通しない

土壌改良の効果が実感できる竹酢液は、国産の竹の原料の産地がきちんと表示されていて、炭になる製法がきちんと説明されている商品です。

家庭菜園で堆肥として使用するミミズ堆肥は有機特殊肥料として注目されています。

家庭菜園の土づくり(土の温度の調整2)

家庭菜園の土づくり 

土の温度の調整

地温の上昇を抑える方法

地温の上昇を抑えるには、太陽光線を遮ることです、敷きワラ、敷き草、草生栽培、寒冷紗の被覆などを利用する方法があります。また、太陽光を反射する白ポリエチレンマルチも地温上昇を抑えます。敷きワラや敷き草は、土の乾燥や跳ね上がり防止に用いられるので、地温の上昇抑制は副次的な効果と言えます。地温を直接下げるには、灌水や散水も効果があります、ただしあまりに水をまきすぎると障害が発生する場合があります。

混植・間作・苗床

家庭菜園の面積は限られています。効果的な栽培には、狭い家庭菜園の空間と時間を上手に利用することです。たとえば、草丈の高い野菜の株元には、草丈の低い野菜が栽培できる空間が存在します。また、畝と畝の間にも野菜が栽培できるスペースがあります。通常この部分には雑草類が生えます。こうした株元や畝間のスペースを栽培に利用するのが「混植」や「間作」です。

混植は強力な栽培方法

混植は、耕地面積の少なかったアジアで作られた栽培方法で、時間と空間を上手に利用します。1つの畑に1種類の農作物を栽培した場合は収量に限りがありますが、1つの畑に2種類以上の作物を栽培すると限界を超えた収量を得ることが出来るとの考えです。混植は、限られた面積の畑で少量多品目を実現する強力な栽培方法の1つで、家庭菜園にも向いています。

一般的に、良い環境があれば良い作物を栽培出来ます。このため、作物を育てるには、光、温度、水分、湿度、養分など、生育に必要なすべての条件を整えることが大切です。しかし、単一作物で、その作物に都合の良い環境を作り出すことは容易ではありません。一方、2種類以上の野菜を栽培すると、お互いの生育に都合の良い環境を作り上げることができる場合があります。

土壌改良の効果が実感できる竹酢液は、国産の竹の原料の産地がきちんと表示されていて、炭になる製法がきちんと説明されている商品です。

家庭菜園で堆肥として使用するミミズ堆肥は有機特殊肥料として注目されています。

家庭菜園の土づくり(土の温度の調整)

家庭菜園の土づくり 

土の温度の調整

野菜作りに気温が大切な要因であることはよく知られていますが、実際には、地温も同じように重要です。土に触れると、気温が高いときは冷たく、低いときは暖かく感じます。これは気温に地温が遅れて(ズレて)変動するためです。この温度のズレを考慮しないで、気温が生育適温になったからといって、夏野菜を地温の上昇前に播種したり、定植したりすると、発芽やその後の生育が極端に悪くなります。また、秋野菜を地温の高い時期に播種や定植しても同じように発芽や生育が極端に悪くなります。

野菜類は気温、地温と適期に播種や定植することがベストです。しかし、日本で栽培されているほとんどの野菜類の原産地は気候が異なる海外です。このため、栽培地の気温や地温はは、原産地のそれとズレが生じます。そこで、地温を上げる方法と地温の上昇を抑える方法が有効になります。

地温を上げる方法

熱帯が原産地のナスやキュウリは、適期に播種すると、旬の夏には収穫できず、秋ナスや秋キュウリになります。そこで、播種床や苗の育成には、踏み床、電熱温床などを用います。畑に温室を建設して地温を上げる方法もありますが、家庭菜園では露地栽培が中心です。そこで活躍するのがポリエチレンマルチです。定植の1週間以上前に耕し、畝を立て、地表をポリエチレンマルチで覆います。こうすると、温度が外に逃げず上昇します。あるいは、畝を立てただけでも平畝より地温は上昇します。また、中耕や土寄せ、草生栽培をすることでも、地温をあげることができます。これらが、微生物活性を高め、有機物の分解を促進するため、土が暖まるのです。

土壌改良の効果が実感できる竹酢液は、国産の竹の原料の産地がきちんと表示されていて、炭になる製法がきちんと説明されている商品です。

家庭菜園で堆肥として使用するミミズ堆肥は有機特殊肥料として注目されています。

家庭菜園の土づくり(野菜が好む気温) 

家庭菜園の土づくり 

野菜が好む気温

高温を好む野菜としては、原産地が熱帯のトウガン、ゴーヤー、スイカ、メロン、キュウリ、ナスなどがあります。これらの野菜は夏季に栽培すると、高品質になります。温暖を好む野菜としては、カボチャ、トマト、インゲン、トウモロコシ、アスパラガス、ゴボウなどがあります。露地栽培の場合は、春~秋に栽培します。多くの野菜類は春から秋に生育し、冬は枯死する、広く葉を広げる。(ロゼット)などして、越冬します。しかし、すべての野菜がそうではありません。たとえば、ネギ科の多くの野菜は夏に休眠したり生育を休んだりして、涼しくなった9月中旬以降に生長をはじめ、秋~春に生育します。あるいは、タマネギ、アサツキ、ニンニク、ラッキョウは、初夏に気温が上昇すると、地上部は枯れて休眠します。また、ニラも夏の高温期には生長が一時停止します。そのほか、ジャガイモも夏休眠します。

一定以上の大きさになると、低温に感受して花芽を分化する野菜もあります。キャベツ、セロリ、タマネギ、ネギ、ゴボウ、ブロッコリー、カリフラワー、ニンジンなどです。たとえば、タマネギの場合、大苗を植え付けると低温に感受して花芽を分化します。そのため、春に花が咲いてしまい収穫できません。これを避けるために、タマネギは小さい苗で植えつけます。種子が発芽の第2期に入ると、それ以降、低温に感受して花芽を分化する野菜もあります。ハクサイ、ダイコン、カブ、タイサイです。-5~15度(3~8度)の低温が20~30日続くと感受性を示し、花芽を分化します。

土壌改良の効果が実感できる竹酢液は、国産の竹の原料の産地がきちんと表示されていて、炭になる製法がきちんと説明されている商品です。

家庭菜園で堆肥として使用するミミズ堆肥は有機特殊肥料として注目されています。

家庭菜園の土づくり(日照時間の長さに応じた土作り) 

家庭菜園の土づくり 

日照時間の長さに応じた土作り

植物は発芽後、葉や茎を成長させて、やがて生殖のために花になる芽を作るようになります。これを花芽分化といいます。花芽分化には日照時間の長さが関係していて、日照時間の長さによって花芽が分化する現象を光周性といいます。光周性は、野菜によって異なります。12時間より短い日照時間で花芽分化するのが短日性野菜でイチゴやキュウリがあります。12時間より長い日照時間で花芽分化するのが長日性野菜で、ホウレンソウやシュンギクがあります。日照時間は関係せず花芽を分化するのが中性野菜で、メロン、スイカ、ナス、ピーマン、トマト、などがあります。短日性野菜や長日性野菜は収穫時期が決まっていますが、中性野菜は年間を通じて果実を収穫することが出来ます。

長日性のホウレンソウやシュンギクは花が咲いてしまうと収穫できませんので、短日の秋~冬に主に栽培されます。この時期には肥料効果が現れにくいため、速効性のあるボカシ肥や化学肥料を用いた土作りをおこないます。また、ナス、ピーマン、トマトなど光周性が中性で多年生の野菜類は長期間収穫されることが多くなります。このため、堆肥や有機質肥料など遅効性、持続型の資材で土作りをおこなうと、これらの野菜にとって良い土となります。

温度から見た「良い土」

野菜が好む気温

野菜は種類によって好む気温が違います。冷涼を好む野菜類は4~23度(適温12~18度)、温暖を好む野菜は12~28度(適温18~28度)、高温を好む野菜は18~33度(適温23~28度)です。冷涼を好む野菜としては、地中海性気候が原産地のタマネギ、キャベツ、ブロッコリーやエンドウ、ソラマメ、ニンニク、ホウレンソウなどがあります。これらの野菜は秋~冬に栽培すると、高品質になります。

土壌改良の効果が実感できる竹酢液は、国産の竹の原料の産地がきちんと表示されていて、炭になる製法がきちんと説明されている商品です。

家庭菜園で堆肥として使用するミミズ堆肥は有機特殊肥料として注目されています。