家庭菜園 野菜の分類

家庭菜園 野菜の分類

家庭菜園では主に栽培される野菜類はアブラナ科、ウリ科、ナス科、ユリ科、マメ科、キク科、セリ科、シソ科、その他に分けられます。

アブラナ科野菜はほとんど地中海沿岸原産で、秋に発芽し、冬期間に生育し、春に開花する二年草です。他殖性(異なる株の花粉で受粉し、自身の花粉で受粉できない性質)であるため、交雑種が数多くあります。根圏微生物を共生し、多くの植物に共生する菌根菌(植物の根に共生する微生物)は共生しません。吸肥力が強く、有機質が多い肥沃な土壌を好みます。連作畑では完全寄生菌のプラズモデオフォーラ菌による根こぶ病が発生し、大きな被害を受けます。キャベツ、ハクサイ、ダイコン、カブ、コマツナなど多くの野菜がアブラナ科に属します。

ウリ科野菜の原産地は中央アメリカ、インド、アフリカなどに分散していますが、比較的高温を好み、多くは1年草です。雌雄異花(雌花と雄花に分かれている)が多く、他殖性です。つる性で浅い位置に根を伸ばし、水を好みますが過湿を嫌うので、水はけのよい土壌条件を好みます。アンモニアに弱く、未熟な堆肥を嫌います。また、カリウム肥料を好みます。連作畑ではネコブセンチュウが発生し、大きな被害を与えます。キュウリ、スイカ、カボチャなど実物野菜がウリ科に属します。

ナス科野菜の原産地は、中央アメリカ、南アメリカ、インドなどに分散し、生育環境はナスの高温・多湿からジャガイモの低温・乾燥まで大きく異なります。自殖性(自分の花粉で受粉する性質)が強く、交雑することはほとんどありません。水を好みますが、葉への降雨は過繁茂や病害の発生原因となります。ジャガイモ、トマトは貧栄養でも育ち、ナス、ピーマンは高栄養素を好みます。また、ナス科野菜はカルシウムを好みます。連作畑では細菌のラルストニア・ソラナセアルム菌による青枯病が発生し、大きな被害を与えます。ナス科は、ナス、ピーマン、トマトなど実物野菜とジャガイモの根物野菜です。

土壌改良の効果が実感できる竹酢液は、国産の竹の原料の産地がきちんと表示されていて、炭になる製法がきちんと説明されている商品です。

家庭菜園で堆肥として使用するミミズ堆肥は有機特殊肥料として注目されています。

家庭菜園 雑草を抑える方法

家庭菜園 雑草を抑える方法

農耕は雑草との戦いであったといっても過言でないほど、草取りは農民に重労働を強いてきました。農作物を同じ職場で栽培を続けると、アレロパシーの関係で、その作物に選ばれた草だけが残り、雑草を減少させます。また、輪作も雑草を抑える働きのあることが経験的に知られています。イネ科とマメ科の輪作、ソバと野菜の輪作などは雑草を少なくすることが明らかになっています。種子は水分、酸素、温度が揃ってはじめて発芽します。深い位置に播種すると、水分は十分ですが、酸素が不足します。逆に浅い位置に播種すると、酸素は十分ですが水分が不足します。このため、伝承農法では播種の方法に工夫がありました。ソラマメは「おはぐろ」(種の黒い部分)から根と芽を伸長させます。そこで「おはぐろ」を下方の深い位置に向け、尻がやや見える程度に播種し、発芽に必要な水分と酸素を確保しました。また、ダイズやインゲンマメは1穴に3~5粒を播種することで、深い位置に播種しても、種子と種子の間隔に空気をためることによって、酸素と発芽温度を確保しました。また、発芽温度に満たない時期に苗を作る方法として、落ち葉、枯れ草、コメヌカなどの有機物が発酵するときに発生する熱を利用した、踏み込み温床があります。

病害虫に強い農法

自然農法、有機農法、伝承農法と化学肥料はほとんど用いません。病害虫の発生と肥料には正の相関関係があり、多肥は病害虫に弱く、少肥は病害虫に強くなることから、自然農法、有機農法、伝承農法はは病害虫に強い農法といえます。

また、自然農法、有機農法、伝承農法は自然生態系を重視する農法であるため、土壌中の小動物や微生物、飛来する昆虫など生物の多様性が維持され、病害虫など特定の生物が優先して繁殖することを抑制しているものと思われます。田畑での生物多様性は餌の関係から鳥類など周囲の生物生態へも影響を与え、コウノトリやときの復活にも貢献するものと思われます。

土壌改良の効果が実感できる竹酢液は、国産の竹の原料の産地がきちんと表示されていて、炭になる製法がきちんと説明されている商品です。

家庭菜園で堆肥として使用するミミズ堆肥は有機特殊肥料として注目されています。

家庭菜園 伝承農法

家庭菜園 伝承農法

残雪の形で種まき時期を知る

植物の栄養素は無機物です。窒素、リン酸、カリウムの三大要素のほか、カルシウム、マグネシウムなどの微量要素も必要です。なかでも、植物が発芽、生育するのに不可欠なのが窒素で、土壌内の有機物が微生物によって分解されるときに発生します(地力窒素)。この分解が行われるには、一定の土壌温度が必要です。

近代農法では、有機物が未分解で、地力窒素が発現されていない低温時期においても、化学肥料によって播種や定植を可能にしてきました。いっぽうで、無肥料や有機質肥料を用いた栽培は、気温や地温の影響を直接受けるため、適温にならなければ播種も定植も出来ません。

伝承農法では、播種などの適期を正確に知る必要があり、そのための方法が、生物指標の利用です。たとえば、カッコウやツツドリは初鳴きで配偶者を求め、交尾後、他の巣に産卵します。こうした生態を利用して、北海道や東北地方では、これらの初鳴きを大豆の播種期やジャガイモの定植期の目安としてきました。日本各地に残雪の形から名前がつけられた農島岳、種山などの地名が残っていますが、これらは自然指標の例です。雪解けの形で水温の上昇を知り、苗代作りや水稲の種まきの指標として利用してきました。(水稲は水温12度以上で生育する。)信州地方では5月下旬~6月に河川の水温が上昇し、水温の種まき適期になります。田植え適期が1カ月以上もある西南暖地にはこのような言い伝えはほとんど見られませんが、信州や東北地方は田植え適期が1週間前後しかない厳しい農業条件から、多くの言い伝えが残っているものと思われます。

土壌改良の効果が実感できる竹酢液は、国産の竹の原料の産地がきちんと表示されていて、炭になる製法がきちんと説明されている商品です。

家庭菜園で堆肥として使用するミミズ堆肥は有機特殊肥料として注目されています。

家庭菜園 有機農法3

家庭菜園 有機農法3

化学肥料に頼らない有機農法

日本国内においては、明治以降、化学肥料が輸入されるようになりましたが、化学肥料は「金肥」といわれ高額であったため、肥料はもっぱら人糞尿、家畜糞尿、魚滓などであり、有機栽培が中心でした。昭和20年の終戦以降、日本農業は急激に変化し、化学肥料と農薬が栽培技術として一般化しました。さらに、昭和36年農業基本法方が施行され、機械化と規模拡大などの農業の近代化が進み、化学肥料と農薬が多投入されるようになっていきました。この頃より徐々に化学肥料と農薬の弊害も現れ始め、日本国内でも有機農業の必要性が叫ばれ、有機農業が実践されるようになりました。

昭和46年、日本有機農業研究会が結成されて、民間と大学や都道府県の研究者によって、理論や技術が研究されるようになりました。また、平成12年1月20日有機農産物の日本農林規格(有機JAS法)が制定され、さらに平成18年12月15日、有機農業推進法の施行によって、生産者と消費者の有機農業に対する意識が大きく変わりました。

農家の経験が活かされた「伝承農法」

伝承農法は長い年月をかけて、農家の方々が経験を基に試行錯誤しながら作り上げた農業技術のことで、生産された農作物が伝統食や地域の文化を生んできました。伝承農法は大き分けて、生物指標、自然指標、品種、栽培方法、雑草管理、苗作りの6つに分類でき、伝承農法の一部は科学的に解明あるいは利用され、農業技術の開発や新品種の育成に活用されてきました。しかし、昭和36年、農業基本法が制定されて以降、機械化、大規模化が進められ、農業が大きく変化していく中で次第に忘れ去られ、一部の伝統野菜や加工農産物に残るのみとなりました。各地の伝統野菜、京野菜、加賀野菜、島野菜(沖縄)ユウガオとネギの混植などに、数少ないながら一部伝承農法が残っています。

土壌改良の効果が実感できる竹酢液は、国産の竹の原料の産地がきちんと表示されていて、炭になる製法がきちんと説明されている商品です。

家庭菜園で堆肥として使用するミミズ堆肥は有機特殊肥料として注目されています。

家庭菜園 有機農法2

家庭菜園 有機農法2

化学肥料に頼らない有機農法

ハワードは、家畜糞尿や収穫残渣などの有機物を堆肥化し、これを土壌に投入することで、土地そのものを肥沃にする効果のあることを実証しました。これに対し

リービッヒの流れを汲むローザムステッド農業試験場の研究者は、単に肥料の効果を高める手段としてしか認めませんでした。ハワードの考え方はアメリカでロデイルに引き継がれ、民間にその支持者を広げていきました。また、岡田茂吉はロデイルと書簡を交わしていたため、自然農法にも影響を及ぼしたと考えられます。

ドイツでは、1800年代から普及したリン酸や窒素などの化学肥料の弊害が、作物の味、病害虫抵抗性の減少、家畜健康の悪化、種子発芽率の低下などとして現れました。農民たちはシュタイナー(独 1861~1925)に救いを求めました。1924年、シュタイナーは8つの講義(農業を豊かにするための精神科学的な基礎―バイオダイナミック農法)を授けました。太陽、月、惑星と地球の位置関係が土壌や生命体の成分及び気候等に与える影響を重視して、種まき、苗植え、耕起、調合剤の準備や施用、収穫などの時期を天体の動きに合わせて選択しました。化学物質は使用しないかわりに、天然のハーブや鉱物をコンディショナーとして用いました。バイオダイナミック農法は長年にわたって実験が繰り返し行われたため、農民の間では迷信として扱われていた、星の運行による農事暦が体系化・理論化されて世界各地に広まっていきました。これら、テーア、ハワード、ロデイル、シュタイナーなどの研究が、現在の有機農法のベースとなっています。有機農法と自然農法とは考え方がほぼ同じで、化学肥料は用いず、自然を観察し、これを規範とすることに重点が置かれています。

土壌改良の効果が実感できる竹酢液は、国産の竹の原料の産地がきちんと表示されていて、炭になる製法がきちんと説明されている商品です。

家庭菜園で堆肥として使用するミミズ堆肥は有機特殊肥料として注目されています。

家庭菜園 有機農法

家庭菜園 有機農法

化学肥料に頼らない有機農法

有機農法は、化学肥料に頼らず、自然環境や生態系と調和した栽培を目指す農法です。その起源はリービッヒとテーアの無機栄養と有機栄養にさかのぼります。リービッヒ(独1803~1873)は、有機化学の研究者で、①それまで農作物の収量を規定するものと考えられていた有機栄養説を否定し、無機栄養学を提案し②土の中で最も少ない必須元素によって植物の生長が決定される「最小律」を樹立しました。化学肥料を開発したのもリービッヒです。テーア(独1725~1823)はリービッヒと対照的な理論を展開しました。リービッヒが実験室の科学であるとすると、テーアは圃場の科学であり、①自らの小農場でモデル経営を行い②劣悪土壌を有機物の投入によって、最高の耕作地に作り変えることを試みました。このことは、医師であったことと、医学から農学に転身したことが深く関係しているのかもしれません。リービッヒの考え方は、近代農法の基礎となり、テーアの考え方は有機農法の基礎となりました。その後ハワード(英1873~1947)は王立科学大学とケンブリッジで農学を学び、インドで30年近くを農業指導者や大学の教官として奉職しました。退官後、「すべての生物は生まれながらにして健康である。この摂理は土壌・植物・動物・人間を1つの鎖の環で結ぶ法則に支配されている」としました。「最初の環=土壌」の弱体と欠陥は「第2の環=植物」に影響し「第3の環=動物」を侵し、「第4の環=人間」にまで至る、というものです。「森林植生にみられる共生の原理に基づく循環系、そこに生命存続のモデルをみることができる。母なる大地から収奪した要素を還元しない化学肥料依存の農法は、近代人の肉体と精神に計り知れない影響を及ぼしている」とし、農作を保証するのは健全で生産的な土壌を維持する自然から供給される有機物であるとしました。

 

 

土壌改良の効果が実感できる竹酢液は、国産の竹の原料の産地がきちんと表示されていて、炭になる製法がきちんと説明されている商品です。

家庭菜園で堆肥として使用するミミズ堆肥は有機特殊肥料として注目されています。

家庭菜園 自然農法2

家庭菜園 自然農法2

福岡 正信(1913~2008)

福岡氏は岐阜高等農林学校(現岐阜大学)を卒業し、高知県農業試験場を勤務を経て、昭和22年(1947年)から自然農法に取り組んだとされ、「不耕起」「無肥料」「無農薬」「無除草」を自然農法の4大原則としています。「自然というものが、常に完璧な完全者であり、絶対真理を忠実に実践する神の姿であり、人間もそのふところから離れては生存しえない」(「自然農法 わらない・行わないから「自然=無」」)を栽培技術の基本としています。

川口 由一(1939~)

川口氏は自ら「専業農民」というように「農薬、化学肥料、機械」を使った農業従事者でしたが、昭和53年(1978年)健康を壊して以降自然農法を始めました。岡田氏や福岡氏の影響を受けながら、「農薬や化学肥料を止め」、次に「耕さず」へと独自の農法を確立しました。「自然を科学するということは、自然の生命を観ないということなのです。科学すると見失うのです。科学する目は決して、生命を観れない目なのです。」(「妙なる畑に立ちて」野草社)というように、科学を絶対視することに注意を喚起しています。

三氏の共通点と相違点

三氏の自然農法で異なる点は除草と耕起にあります。除草対策では福岡氏と川口氏は不除草とし、岡田氏は草の生えない管理に重点をおきます。耕起では福岡氏と川口氏は不耕起であり、岡田氏は農作物に合わせた耕起を行います。

科学観では、福岡氏は農林学校や農業試験場での経験から「科学的認識は部分的掌握にすぎない」として、科学には否定的です。岡田氏と川口氏は「科学的認識は否定するものではなく、科学に対する我々の考え方を批判する」として、科学では自然に起こる現象のすべては解決できないとしました。

自然農法は生産性や収益性よりも、自然環境や食料の安全性を重視するため、農業としては成立しにくく、このため信念を持った人々によって、各地に点在して継承されてきました。また、その土地の自然の仕組みを活用するため、圃場条件を選ばない標準的な栽培技術はほとんどなく、地域ごとの土壌や気候条件に合わせて、圃場ごとにさまざまな工夫や各種の栽培技術が考案されています。

 

土壌改良の効果が実感できる竹酢液は、国産の竹の原料の産地がきちんと表示されていて、炭になる製法がきちんと説明されている商品です。

家庭菜園で堆肥として使用するミミズ堆肥は有機特殊肥料として注目されています。

家庭菜園 自然農法

家庭菜園 自然農法

自然の仕組みを活用する「自然農法」

昭和10年岡田茂吉、昭和22年福岡政信、昭和53年川口由一の3氏によって提唱された方法で、農薬と化学肥料を用いず、地域に適応した種苗の育成、土壌や気候条件に合わせた適期・適地作、周囲の生物生態や物質循環の利用など、自然の仕組みを最大限に活用して栽培する方法です。

岡田茂吉(1882~1955)

岡田氏は昭和10年から自然農法に取り組んだとされ、「自然尊重」と「土の威力を発揮する」が基本となっています。「凡そ世界にある森羅万象凡ゆるものの生成化育をみれば分かる如く、大自然の力、即ち太陽、月球、地球というように、火・水・土の三元素をによらぬものは一つもない。勿論作物もそうであるから、日当たりを良くし、水分を豊富にし、土をより清くすることによって、作物は人間の必要以上余る程生産されたものである。「岡田茂吉論文集 神示の健康」というように、自然の力を最大限利用することを提唱しています。また、農薬や化学肥料は直接あるいは農作物を介して人体に悪影響を及ぼし、農業経営を悪化させ、農民に過剰な労働を強いているため、「無農薬、無化学肥料」を栽培技術としています。岡田氏の考え方は、世界救世教信者を中心に自然農法普及会活動を通じて全国各地に広がりましたが、昭和44年の普及会解散と生産の不安定から、徐々に衰退し、信者を中心に受け継がれるのみとなりました。一方、その思想は露木裕喜夫(1911~1977)に受け継がれ、日本有機農業研究会発足につながり、千葉県南房総市の自然農法へと発展しました。

 

土壌改良の効果が実感できる竹酢液は、国産の竹の原料の産地がきちんと表示されていて、炭になる製法がきちんと説明されている商品です。

家庭菜園で堆肥として使用するミミズ堆肥は有機特殊肥料として注目されています。

家庭菜園のメリット・デメリット

家庭菜園のメリット・デメリット

家庭菜園のメリット

家庭菜園は調理場に直結しているため、必要な時、必要な量を収穫することが出来、家庭菜園で栽培された野菜類をもとに献立を決める楽しみもあります。家庭菜園での農作業は過度な運動を伴いますので、心身の健康にもとってもプラスになります。また、家庭菜園での作業は家族全員で行われることもあり、家族のコミュニケーションの場にも役立っているでしょうし、さらに家庭菜園は集団で設置されることが多いので、日ごろ話をする機会の少ない近所の人たちとの交流の場にもなります。日本人の食生活は大きく変化し、これまでの野菜・米飯中心から、肉・パン食へと変わり、野菜の摂取量は少なくなりました。食べ物は人の健康に大きな影響を与えますが、最近の食べ物の傾向は心身に悪影響を及ぼしているかもしれません。家庭菜園は、野菜類が簡単に手に入るため、日本型食生活の復活にも役立っています。食を通して、日本文化の継承や失われつつある社会道徳にも良い影響を与えるものと思われます。また、家庭菜園者は地場産の野菜にも目を向けるようになり、地域の振興や農産物の自給率向上にもつながり、フードマイレージの減少にも貢献します。

家庭菜園のデメリット

野菜類は野生の植物が改良されたもので、人の健康に悪影響のあるアルカロイドやアレルゲンが少なくされてきました。しかし、健康志向の強い家庭菜園では原種に近い野菜類も栽培されることから、逆に健康に悪影響を及ぼす場合があります。

実際、アトピーを悪化させた例もあります、また、家庭菜園の新鮮な野菜は生で食べたくなりますが、これも害になる場合があります。農薬は調理法まで想定し、安全性を保障してますが、本来熱を加えて食べる野菜を生で食べることは想定されていません。また、伝統食では(ゆでる、つける、水にさらす)などで健康に悪影響を与える物質(毒)を抜いてから食べました。生の野菜は刺身のツマや薬味程度でした。野菜は食べた方が健康にいいですが、生野菜は食べない方が健康にいいのかもしれません。珍しい野菜は作る楽しみと食べる楽しみがあるので、日本で栽培されたことのない野菜も家庭菜園では見かけます。野菜類は居住する地域で不足するミネラルやビタミンを補給するために利用されてきた種類も少なくありません。そのような野菜には多少毒性があっても、健康上必要で食されてきた種類もあります。家庭菜園はその楽しさから、栽培規模を拡大しがちですが、そのため大量の野菜が生産され処分に困る例もあります。家庭菜園は本来、家庭で消費する野菜を補完するものという考え方が大事になります。

土壌改良の効果が実感できる竹酢液は、国産の竹の原料の産地がきちんと表示されていて、炭になる製法がきちんと説明されている商品です。

家庭菜園で堆肥として使用するミミズ堆肥は有機特殊肥料として注目されています。

家庭菜園 養分

家庭菜園 養分

肥料過多

家庭菜園の植物の重要な養分は、窒素、リン酸、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどの無機物です。これらを供給することは肥料の目的となります。肥料を大きく分けると化学肥料と有機質肥料に分かれます。化学肥料は、これらの無機物を化学的手法により製造したもので、有機質肥料は魚滓、コメヌカなど動植物資材を原料としたものです。家庭菜園の肥料は、化学肥料より有機質肥料を多く用いる傾向があります。化学肥料は速効的な肥料効果がありますが、有機質肥料は微生物の分解によって窒素などが生じてはじめて肥料効果を発揮するため、時間がかかります。このため、知らず知らず多肥栽培となり、病害虫の発生原因や品質(安全性)の低下にもつながります。たとえば、ホウレンソウは多肥を好み、肥料が多いと旺盛に生育し、緑が濃くなります。緑が濃いと、生命力があり、おいしそうに思われます。ところが、ホウレンソウの葉色と残留する硝酸塩濃度はパラレルであるため、緑の濃い家庭菜園のホウレンソウからは、時として7000PPM(一般的には3000~5000PPMが適正)を超える硝酸塩を検出することがあります。このような高い硝酸塩濃度では肥料の残留基準があるヨーロッパでは食料として販売することができません。また、キュウリはアンモニアに弱いため、アンモニア肥料を施用すると枯れることが知られています。家庭菜園では生の有機質肥料が施用される場合が多いですが、それが土中の微生物で分解されるときにアンモニアが産生されます。そのため、キュウリを枯らしてしまう可能性が出てきます。

土壌改良の効果が実感できる竹酢液は、国産の竹の原料の産地がきちんと表示されていて、炭になる製法がきちんと説明されている商品です。

家庭菜園で堆肥として使用するミミズ堆肥は有機特殊肥料として注目されています。