ハーブ ローズマリー

ハーブ ローズマリー

栽培について大事なこと

・水のやりすぎに注意すること

・適当に切り戻す

利用法

・虫よけ用ポプリ

・ハーバルパス

・ブーケガルニ

特徴

1年を通して肉厚の細い葉が青々と美しく、針葉樹のような強い香りが特徴です。生育がおうせいで、伸びも激しいので適当に切って使用します。秋から春に小さな紫色の花をたくさんつけます。生育期は竹酢液を使用します。

品種の選び方

5月ごろお店で苗を購入します。ハンキングポットや広い場所に植える場合は、「クリーピングローズマリー」を使用します。鉢植えや庭のアクセントとして植えるのなら、木立性の品種を選びます。

水やり・竹酢液

本来は、地中海性気候を好むので、湿気のなかにいるような乾燥状態のほうが元気に育ちます。水を与えすぎて枯らす方が多いので気を付けます。竹酢液は、春や秋の生育旺盛な時期に、1週間から10日に1度、500倍溶液を全体に散布し、土壌にも与えます。

植えつけ

土壌には、バーキュライトなど、通気性と水はけのよい用土を混ぜます。また酸性土壌を嫌いアルカリ性土壌を好みますから、ミミズ堆肥や苦土石灰を加えて中和したものを使用します。元肥えは、緩効性肥料を少量します。クリーピンクローズマリーを花壇の緑取りに使用すると、花壇の花とのバランスが良く映えます。

ふやし方

新芽が元気がよく伸びている時期に、思い切って切り戻し、挿し木にします。バーミキュライトに充分に水を含ませ、鋭利な刀で斜めに切った芽を挿します。日陰で乾燥しないように水やりをつづけていると1か月ほどで植えつけられるようになります。

利用法

葉をちぎってみるとわかるように、強い香りを放つ成分が含まれています。肉や魚介類の料理に使用されますが、ローズマリーを使用する時は、使いすぎないことが大事です。近くに置いて、グリルすることだけでも、よい香りになります。森林浴の成分といわれるフィトンチップが多く、これが虫よけになります。生葉と枝を刻んで布袋に入れ、たんすの引き出しやクローゼットに置くことで、自然の芳香剤・消臭剤になります。

効果が実感できる竹酢液は、竹の原料の産地がきちんと表示されていて、炭になる製法がきちんと説明されている商品です。

家庭菜園で堆肥として使用するミミズ堆肥は有機特殊肥料として注目されています。

 

 

ハーブ タイム

ハーブ タイム

栽培について大事なこと

・数年で株を更新する

・真夏は風通しに注意する

・過湿に注意する

利用法

・ポプリ

・ハーバルパス

特徴

湿気と水のやりすぎに注意すれば、暑さにも寒さにも強い元気に育つハーブの代表的な品種です。白やピンクや紫の花は、2年目の初夏から咲きはじめます。挿し木のあとの生育期には、竹酢液で健康を保つようにします。

品種の選び方

レモンの香りと紫の花を楽しむレモンタイム、葉が黄色いゴールデンレモンタイム、葉が黄色いゴールデンレモンタイム、地をはうように伸びるクリーピングタイム、もっとも知られているコモンタイムなど、さまざまな品種があります。料理用は、コモンタイムを使用します。

種まき

5~6月か9~10月が敵期です。ピートバンのように清潔で細かい土を、平らにならしてまきます。種が細かいので土はかぶせず、軽く押さえる程度にします。芽が出たら間引き、本葉が4~5枚になったら3号ポットに植えかえます。

植え付け

土壌は水はけがよい状態を好み、酸性土壌を嫌うので、苦土石灰を加えて中和しておきます。元肥えの緩効性肥料を少量まきます。地植えにするなら、株間は50cmとり、水はけをよくするために土を盛り上げて植えつけます。庭木の下草のように植えると、芳香が庭にただよいます。

水やり・竹酢液

水やりは、土の表面が乾くまで必要なく、1週間くらい水やりをしなくても、しおれるようなことはありません。むしろ、水を与えすぎて枯らしてしまうことが多いので注意します。土壌環境を良くするために、月に2度 500倍程度の竹酢液溶液を株元に与えます。病害虫はほとんど心配ありませんが、春先と花の時期には全体に散布します。

利用法

ミックスフルーツのような葉の香りは、肉や魚の料理を引き立てます。カレーやシチューのような煮込み料理のほかに、魚の香草焼き、ワインビネガーやオリーブオイルへの香りづけなど、幅広く使用されます。生育期に収穫したら、そのまま使用することが出来ます。

効果が実感できる竹酢液は、竹の原料の産地がきちんと表示されていて、炭になる製法がきちんと説明されている商品です。

家庭菜園で堆肥として使用するミミズ堆肥は有機特殊肥料として注目されています。

 

 

ハーブ ラベンダー

ハーブ ラベンダー

栽培について大事なこと

・水のやりすぎには注意

・長雨にはあてない

・アルカリ性土壌を好む

利用法

・ハーバルパス

・ハーブテイー

・ドライフラワー

特徴

生育おうせいで、挿し芽でかんたんにふやせるので、春先に園芸店で何種類か購入します。竹酢液で脇芽をふやせば、花もたくさんなります。

ドラセナの1種で、贈り物として人気。カットされた太い幹から芽が出始めたものでも、2~3年で大きく葉が伸びて繁ります。

水やり

酸性土壌を嫌うので、苦土石灰で中和した土壌に植え、過湿に注意いして植えます。水のやりすぎには注意します。

置き場所

暑さ寒さには強く、関東より南なら地植えでも構いません。日本の蒸れた夏は苦手で、長雨にあたるとぐったりしおれてしまいます。地植えにするなら、水はけのよい場所で、もり土をして植えます。鉢植えなら、雨の当たらない場所へ移します。日当たりは好むので、直射日光は可能です。

ふやし方

春か秋に、切りもどした枝を水はけのよい清潔な土に挿して根づかせます。根づいたら、苦土石灰を少量鉢植えの上にまきます。

肥料・竹酢液

肥料はほとんど必要ありません。竹酢液は、秋から翌春まで、2~3週間に1度ほど500倍溶液を株元に与えます。

利用法

7分咲き程度で切り戻し、まとめて逆さにつるして日陰で乾燥させます。

 

効果が実感できる竹酢液は、竹の原料の産地がきちんと表示されていて、炭になる製法がきちんと説明されている商品です。

家庭菜園で堆肥として使用するミミズ堆肥は有機特殊肥料として注目されています。

 

 

観葉植物 幸福の木

観葉植物 幸福の木

栽培時期

冬ごし 10度以上

生育はおうせい

直射日光に弱い

ハイドロカルチャー可能

品目の特徴

ドラセナの1種で、贈り物として人気。カットされた太い幹から芽が出始めたものでも、2~3年で大きく葉が伸びて繁ります。

置き場所

直射日光に当てると、葉が焼けて元気がなくなります。反射光の多い明るい日陰か室内が望ましいです。比較的場所でも可能です。冬は10度以上の温度がないと、葉が黄色くしおれてきます。家の中に取り込み出来れば、夜間は冷え込みの小さい場所に置きます。

水やり

水を好み、切らすとしおれてしまいます。春から秋は、表面が乾いてきたら早めに与えます。冬は出来るだけ用土を乾燥させて休眠させますが、温かい室内に置いて最低気温が10度を保てるなら、状況に応じて水やりが必要になります。冬の弱い日差しでも、葉に水滴が付いたままだとレンズの作用で傷むので気をつけます。

肥料・竹酢液

4月から10月まで、緩効性化学肥料を置きます。真夏に、気温が高く蒸れるような環境では生育が止まりますから、そのときは肥料を取り除きます。生育しているしている時は、観葉植物用の液肥を週に1度与えると、葉がみずみずしく大きく育ちます。竹酢液は、3月から11月ごろまで500倍溶液を週に1度株元に与えます。葉にもよく散布すると、つやが出て美しい色になります。

ふやし方

購入した時は、大胆にカットされた太い幹から芽が出始めているような状態です。これが育ってくると、小さな芽がたくさん出て葉が全体に繁るようになります。真夏を除いた生育期に、間引きの意味も含めて、いちばん小さな芽を根本からかき取ります。幹からはがすように、手で取ります。これを室内で水に挿しておき、毎日水を取りかえていると初根します。酸性イオン水があれば有効です。初根した子株は、ミニ観葉として小さな鉢や空き缶に植えたり、ハイドロカルチャーにします。

 

効果が実感できる竹酢液は、竹の原料の産地がきちんと表示されていて、炭になる製法がきちんと説明されている商品です。

家庭菜園で堆肥として使用するミミズ堆肥は有機特殊肥料として注目されています。

 

 

観葉植物 コンシンネ・トリコロール

観葉植物 コンシンネ・トリコロール

栽培時期

冬ごし 10度以上

生育はおうせい

強い直射日光に弱い

ハイドロカルチャー可能

品目の特徴

さまざまなドラセナ類の一つ。春や秋にはさまざまな新しい葉が出ますが、冬にはその葉を落としていきます。生育期には取り木や挿し木で再生します。竹酢液を使用して強い株にします。

置き場所

明るい場所を好みますが、春から秋までの直射日光に長時間当てていると葉やけを起こします。インテリアとの調和が良いので、デザインのよい鉢に植えて明るい室内で管理するのが良いです。ただし、ときどき方向を変えないと頭を明るい窓の方向に曲げてしまうので、かっこうが悪くなります。真冬は乾燥には比較的強いですが、温度は10度以上が適温です。5度を下ると葉を落としてしまいます。

水やり

生育期には、根は良く水分を吸い上げます。保水性の良い土壌に植え、表面が乾いたら、たっぷりと与えます。11月からは少しずつ水やりをひかえ、乾燥気味にして慣らしてます。

肥料・竹酢液

3月の下旬から、観葉植物用の液肥を1000倍くらいの濃度で与えて慣らします。4月に入ってからは、屋外なら油かすを、屋内なら緩効性化学肥料を鉢上に置きます。月に1度交換し、10月まで与えます。真夏に弱っていたら取り除きます。竹酢液は、3月になってから800倍溶液を週に1度ずつ株全体に与え、株元にもやります。4月からは300倍から500倍程度を2週間に一度ずつ与えます。

 

効果が実感できる竹酢液は、竹の原料の産地がきちんと表示されていて、炭になる製法がきちんと説明されている商品です。

家庭菜園で堆肥として使用するミミズ堆肥は有機特殊肥料として注目されています。

 

 

観葉植物 オリヅルラン

観葉植物 オリヅルラン

栽培時期

冬ごし 5度以上

根詰まりしやすい

ランナーがつり下がる

強い直射日光に弱い

品目の特徴

つり鉢用の観葉植物としてもっとも人気のあるオリヅルランです。花のランとは関係ないユリ科の植物で、ランナーとつるがたくさん伸び、先端に子どもをつけるのが特徴です。竹酢液の活用で、こんもり繁らせます。

置き場所

強い直射日光は嫌うので、室内もの戸外の日陰に置きます。冬は水を控えて5度以上あればこせるので、室内で管理します。

水やり

白く太い根が水分を持っているので、水切れには強いですが葉の元気はなくなります。4月から10月の生育期間は鉢の表面が乾く前に充分水やりをし真夏には早朝と夕方の2回与えます。ランナーの先についている子株にも、水をかけるようにします。冬は乾かし気味に育てますが、水ぎれで葉がしおれているようなら乾かしすぎです。冬場でも、10日から2週間に1度与えます。室内は、乾燥するので気をつけます。

肥料・竹酢液

4月から10月まで緩効性の化学肥料を切らさないようにします。窒素養分の多いものを選びます。ランナーのたくさん出ている大株は、週に一度液肥も与えます。竹酢液は、3月から11月まで、2週間に1度ほど500倍溶液を全体に散布し、株元にも与えます。

植えかえ

オリヅルランは根の生育はおうせいで新しく子株を植え付けた株も、1年でいっつぱいになってしまうので毎年植えかえます。根をほぐして、3分の2ほどカットします。ほぐれないものは、包丁で切り分けします。

ふやし方

ランナーの先についた子株を植えつければ、すぐに根づいて新しい株に育ちます。元気な子株を4つほど選び、5号のつり鉢に植え、日陰で水やりを続けます。用土は、バーミキュライトやピートモスなど、保水力があって軽いものが望ましいです。春先の鉢花と一緒にコンテナに寄せ植えすることも出来ます。

効果が実感できる竹酢液は、竹の原料の産地がきちんと表示されていて、炭になる製法がきちんと説明されている商品です。

家庭菜園で堆肥として使用するミミズ堆肥は有機特殊肥料として注目されています。

 

 

観葉植物 アジアンタム

観葉植物 アジアンタム

栽培時期

冬ごし 5度以上

空気乾燥に弱い

用土の過湿を嫌う

再生力はおうせい

品目の特徴

細くて固い茎に、こまかい深緑の葉を繁らすアジアンタム。1枚1枚の葉は非常に薄く、空気の乾燥には強いですが水を与えすぎると葉を落とします。竹酢液を使用することで青々としたアジアンタムが生育できます。

置き場所

寒さには比較的強いですが、冬の空気が乾燥する時期には、充分な湿度が自然に得られる場所に置くことが望ましいです。夜間に極端に冷えなければ、浴室などに置くのも可能です。暖房の風は苦手です。春から秋は、室内の明るい場所に置きます。冷房の風に当てないようにすることが大事です。

水やり

水をやりすぎると元気がなくなります。ピートモスなどを加えた保水性と通気性の良い土に植え、表面が充分に乾いたら、水を与えます。真冬を低温で超す場合は、霧吹きで1日に何回か葉に水分を与えます。元気なら、用土が乾いてから水やりをします。

肥料・竹酢液

窒素肥料を好みます。4月から10月までの生育期(新芽が出ているのを確認して)油かす(室内なら緩効性の化学肥料)を与えます。観葉植物用の液肥だけで管理してもよいでしょう。ナメクジがつきやすいので、竹酢液と忌避剤を使用して予防します。生育期間は500橋溶液を2週間に1度株全体に散布し、株元にも与えます。真冬の株への霧吹きには、1000倍の竹酢液溶液を使用します。

効果が実感できる竹酢液は、竹の原料の産地がきちんと表示されていて、炭になる製法がきちんと説明されている商品です。

家庭菜園で堆肥として使用するミミズ堆肥は有機特殊肥料として注目されています。

 

観葉植物 ロベレニー

観葉植物 ロベレニー

栽培時期

冬ごし 5度以上

環境に対しての適応能力は優れている

おおきく育てないことが大事

生育期には水を好む

品目の特徴

室内プールのプールサイド等で飾られているのが、フェニックス・ロベレニーです。生育おうせいで、熱帯では大木になります。観葉植物としては、できるだけ生育を遅らせて、大きくなりすぎるまでを鑑賞します。竹酢液を使用することで健康を保ちます。

置き場所

熱帯の植物ですが、日本で育てたものは強い紫外線を当てると葉やけを起こします。木もれ日のような、ときどき日がさすような場所が望ましいです。ただし、強い風には弱いので注意が必要です。明るい室内でも育ちます。冬の環境に慣れたものを乾燥させて管理すれば、雪が降っても軒下で育てられるほど適応力があります。ただし、霜に当てると葉が焼けて枯れ落ちます。購入したての株は冬の寒さに慣れてないので、最初の冬は室内に置きます。ロベレニーは切り戻して挿し木にするなど、小さく再生することが出来ません。大きくなりすぎて置き場所がなくなったら、譲る先を考えます。

水やり

水切れには強いロベレニーですが、充分に新しい葉が伸びてきて繁らせます。大きくなるのも早く、若い木を求めても10年もたつと始末に困るので真夏以外は、乾かし気味で育てます。10月下旬から少しずつ乾かし気味に管理し、12月になったら月に1度程度様子を見ます。与えるときは、温かい日が続いている午前中を選んで、鉢底から流れ出るまでたっぷり水を与えます。

肥料・竹酢液

葉色をよくするために肥料は必要ですが、充分に与えると生育しすぎてしまうので、春秋の生育期間は観葉植物用の液肥を2週間に1度くらい与えるのがおすすめです。竹酢液を使用することで、葉が青々とします。3月から11月まで、500倍溶液を週に1度、株元に与えます。また、害虫予防のために300倍溶液を月に1度全体に散布します。

注意すること

大きく広がる葉は、トゲをもっているので、鉢を移動する時や植えかえのときに、刺さることがあるので気を付けます。植えかえ時は、葉全体を上にまとめ、ヒモで束ねて行ないます。

効果が実感できる竹酢液は、竹の原料の産地がきちんと表示されていて、炭になる製法がきちんと説明されている商品です。

家庭菜園で堆肥として使用するミミズ堆肥は有機特殊肥料として注目されています。

 

 

観葉植物 ベンジャミン

観葉植物 ベンジャミン

栽培時期

冬ごし 10度以上

空気の乾燥に弱い

こまめに剪定する

生育期には水を好む

品目の特徴

形の良い葉が繁っている時はとても豪華で贈答品として人気があります。ただし、大きい株の冬ごしは慎重にします。温度差にも注意して水やりをひかえ、休眠させます。生育期に竹酢液を薄めに散布すると、鮮やかなグリーンになります。

置き場所

4月から10月ごろまでは屋外で育てるのがよいですが、外に出して1か月くらいは直射日光が当たらない明るい日陰に置き、葉やけを防ぎます。真夏も日陰に置きます。問題は冬の置き場所で、冬の環境に少しずつならしていくことが大切で、暖房を切ったら10度も温度が下がる場所は傷みます。水やりをひかえて管理することで、10度で充分に春を迎えられます。

水やり

ベンジャミンは、水の好きな植物で春秋の生育期、水はけのよい土なら、毎日たっぷり与えても構いません。真夏は、早朝と日が落ちてから与えます。10月下旬から水やりをひかえめにし、室内に取りこんだら乾かし気味にします。このとき、葉が落ちるようなら、何度も霧吹きで葉に水分を与えて下さい。真冬はほとんど水やりは行わず、霧吹きで葉の保湿を心がけます。

肥料・竹酢液

3月中旬ごろ、1000倍の液肥を一度与えます。4月になったら10月まで、月に1度油かすか、緩効性の化学肥料をほどこします。冬季は肥料を与えません。3月上旬、暖かい日を選んで800倍の竹酢液を与えておきます。4月から11月までは500倍溶液を2週間に1度株元に灌水し、月に1度1000倍溶液を株全体に散布します。

切り戻し

梅雨時は、ベンジャミンが一番元気な季節です。このころ新芽があちこちに伸びて、形が乱れてきます。そうなる前5月下旬から6月上旬に、一度切り戻して、元気な枝は下から3株くらい残して強く切り、細い枝は先端だけ落とします。こうしておくことで、新芽が伸びて、より繁っていきます。落とした枝は挿し木でふやします。

効果が実感できる竹酢液は、竹の原料の産地がきちんと表示されていて、炭になる製法がきちんと説明されている商品です。

家庭菜園で堆肥として使用するミミズ堆肥は有機特殊肥料として注目されています。

 

 

観葉植物 ポトス

観葉植物 ポトス

栽培時期

冬ごし 10度以上

直射日光に弱い

押し芽でよくふえる

水ぎれに弱い

ハイドロカルチャー可能

品目の特徴

高温多湿に向く植物です。環境の良い所では白と緑の葉を密生します。明るい室内がよく、室内グリーンは人気があります。冬に葉を落としても、春に切り戻して押せば、元気に再生します。竹酢液溶液で冬を超えることが可能となります。

置き場所

反射光に満ちているような、明るい部屋に置きます。春から秋は明るい浴室も可能です。屋外なら、ベランダか軒下の日陰がよいです。真冬は暖房のある部屋が良いのですが乾燥には注意します。つり鉢立てにすると、つるが全体に伸びて見栄えがします。大きめの鉢にヘゴ(木製の支柱)を立ててはわせると、葉の大きな大株に育ちます。玄関先に飾るのに適しています。

水やり

春から秋までは、水ぎれにしないように充分に与えます。生育期には、排水の悪い土でなければ与えすぎるということはありません。冬はほとんど生長しませんから、水やりも少なくします。低温で葉が乾燥すると次々に枯れ落ちていくので、霧吹きで毎日葉に水分を与えます。

肥料・竹酢液

冬の間の霧吹きは、竹酢液の1000倍溶液を与えます。3月以降はジョウロで500倍溶液を2週間に1度株元に与え、月に1度は300倍溶液を株全体に散布します。追肥は、4月から10月まで緩効性肥料を鉢に置きます。また生育期間中は、観葉植物の液体肥料を800倍程度に薄めて、2週間に1度くらい与えるとよく育ちます。

効果が実感できる竹酢液は、竹の原料の産地がきちんと表示されていて、炭になる製法がきちんと説明されている商品です。

家庭菜園で堆肥として使用するミミズ堆肥は有機特殊肥料として注目されています。