マクロビオテイックと油

マクロビオテイックでは、ごま油、菜種油、オリーブ油などを少なめに用いることがすすめられることを紹介しました。マクロビオテイックのレシピ本を見ると、ほとんど、ごま油と菜種油が用いられていて、この二つ以外は使ってはいけないような気になります。アメリカのマクロビオテイックでは、コーン油やひまわり油もよく使われます。油は陰性ですが、油にも陰陽があります。ごま油が一番陽性で、次が菜種油、その他の油となります。昔風のマクロビオテイックでは、ごま油と菜種油を半々に使うのを基本とします。陽性の料理にしたい時は、ごま油を多く、陰性の料理に仕上げたい時はなたね油を多く使います。パーム油やヤシ油(ココナッツ油)は、飽和脂肪酸を多く含むということで、マクロビオテイックではすすめられません。

株式会社 農業経営研究所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です