マクロビオティック 脂肪酸

脂肪酸には、リノール酸、 EPA,DHAなどがあります。コーン油にはリノール酸が歩含まれているとか、魚にはEPAやDHAが豊富だと言われます。でも、どんな「あぶら」でも1種類の脂肪酸だけでつくられているわけではありません。必ず、複数の脂肪酸が含まれています。飽和脂肪酸は、動物性の脂に多く含まれ、バターやラードのように、室温では固体のものが多いです。動物の体温は人間よりも高く、牛では38.5度、豚39度、鳥42度、です。飽和脂肪酸を多く含む脂は、体温が高い動物の中では問題ありませんが、体温が低い私たちの体の中では固まりやすいです。「動物性脂肪を食べすぎると血液がドロドロになる」と言われます。また、飽和脂肪酸は、血液中の中性脂肪やコレステロールを増加させる作用をもつため、血中に増え過ぎると動脈硬化の原因となります。現代人は、飽和脂肪酸をとり過ぎる傾向にあるため、摂取を控えた方が良いとされています。  油の酸化 脂肪酸は、酸化すると、栄養的な価値がなくなって有害なものになってしまいます。酸化を防ぐポイントは、熱、酸素、光にさらさないようにすることです。熱については、ドレッシングなどの加熱しない用途に用いる油と、加熱調理用に用いる油を使い分ける必要があります。オメガ三脂肪酸を多く含む油は、とても酸化しやすいので加熱調理には向いておらず、生で用いられる場合が多いです。保管にも注意が必要です。遮光瓶に入ったものを、冷蔵庫で保管することがおすすめです。 その他のオリーブ油、菜種油、ごま油などは、加熱調理に用いることが出来ます。 リノール酸が多い油よりも、オレイン酸が多いオリーブ油などは、更に酸化されにくくなります。

株式会社 農業経営研究所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です