マクロビオティック 酵素健康法

酵素健康法では、「食物酵素の摂取」を重視します。生の食べ物を食べることで、食物酵素を取り入れることが出来、からだの代謝酵素や消化酵素の消費が節約できるとされます。その結果、代謝や消化が改善され、健康維持や痩身などの効果が期待できることになります。酵素健康法に対して「食べ物の持つ酵素を人間が利用できるとは考えにくい」とか「酵素は胃の中に入ると変性してしまう」とも言われます。酵素は。野菜や果物、発酵食品をはじめ、肉、魚などの食べ物にも含まれています。酵素は48度の加熱で活性が失われ始めますので、酵素をとるには、加熱せずに生で食べる必要があります、生の食べ物には酵素が多く含まれているということで、「ローフード」「リビングフード」などとして、食事の大半を生で食べる食事法がアメリカを中心に広がっています。マクロビオテイック的に酵素をとるには、発酵食品がおすすめです。伝統的な製法で作られた漬物・味噌などには酵素が含まれています。

株式会社 農業経営研究所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です