ミネラル塩 食塩の働きその他いろいろ

古い卵の見分け方・・・卵は生き物なので、うみたてと時間がたった卵では状態が違っている。新鮮な時はこしが強かった卵白が、古くなるとしだいに軟らかくなって流動性を増す。そういう卵は卵黄が重みで下がり、茹でると卵黄は一方にかたよる。黄身と白身を分けて平らな板に黄身だけをのせ、直径と高さを測ってみると、新しい卵は黄身が盛り上がって「高さ・直径」の比が大きい。卵の新鮮度を簡単にみるには、水1lに食塩約60gを溶かして比重約1.027の食塩水を作り、卵を沈めてみる。新しい卵(1.08〜1・09)は沈み、古い卵(比重1・02以下)は浮く。古くなると水分が多少蒸発し、時間が経つと呼吸作用で生じた二酸化炭素が、卵の丸い方の端にある気室という部分に集まり比重が軽くなるため。  ミネラル塩 水の氷点を下げる 水は〇度で凍るが、アイスクリームを手作りする時など、氷を7に食塩を3という割合で混合すると、氷点がマイナス二十度まで下がる。

株式会社 農業経営研究所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です