エゴマの栄養価

エゴマの油脂分は43%で、このエゴマ油中にはα-リノレン酸が50%以上、オレイン酸が25%以上含まれています、リノール酸を多く含むコーン油、綿実油、大豆油、ヒマワリ油とは組成が大きく異なっています。リノール酸の多い食事が生活習慣病につながっているといわれ、リノール酸の摂取を減らしリノレン酸を多く摂取して生活習慣病を予防するためには、エゴマ油はなくてはならないものです。

株式会社 農業経営研究所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です