エゴマの特徴

エゴマは、高級飽和脂肪酸のα-リノレン酸を多く含むことから、健康の維持・増進に対する効果で注目されている作物です。エゴマはシソ科、シソ類の1年生草本です。日本への伝来は、縄文時代早期と考えられ、多くの遺跡から炭水化物となったエゴマが発掘されています。1997年には全国で25ha、12.9tが生産されています。

株式会社 農業経営研究所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です