家庭菜園 土づくり4回目

家庭菜園 

 家庭菜園の鉢植えやプランターの土づくり

家庭菜園で、鉢やプランター、コンテナで栽培するときの家庭菜園の土づくりは、庭や畑に比べて土の量が少なく、水やりの頻度が多いため、通気性や水はけをよくしておく必要があります。 さまざまな培養土もホームセンターその他で市販されています。植える量が少ないときには便利ですが、自分で配合するのに比べてかなり割高となります。

基本の土は赤玉土(または真砂土)

赤玉土7割に腐葉土3割程度混ぜたもので、この配合でどのような樹木や草花にも適応します。野菜や草花を植えるとき、腐葉土を増やして4割に増やしたり、通気性をよくするために桐生砂等を1割程度加えます。また、多肉植物やサボテン、ラン類等には違う用土が使用されますが、一般的な野菜や草花には基本配合である、赤玉土7割、腐葉土3割の配合を使用します。その後、天候や日照、設置場所、通気性等で他の物を補足材として付け加えていきます。

確認事項として、赤玉土などを袋入りで購入した時に、微塵(みじん)と呼ばれる粉状の部分は使用すると、通気性が悪くなるのでふるいやシャベルその他で省きます。また、腐葉土の代わりにミミズ堆肥やバーク堆肥、牛糞などを腐葉土に混合して使用するとよい用土になります。

その他の用土の配合

赤玉土50%に腐葉土50%の配合が適している草花として、代表的なものは「あさがお」「きく」「ベロニカ)等です。

品目別配合事例

赤玉土6割~7割、腐葉土3割、その他1割 投入する野菜品目としては、実もの野菜(エンドウ豆、オクラ、かぼちゃ、そら豆、いちご、とうもろこし、きゅうり、なす、ズッキーニ、ピーマン、とまと)葉もの野菜(ホウレンソウ、コマツナレタス、キャベツ)

赤玉土5割、腐葉土3割、その他1割 投入する野菜品目としては 根もの野菜(大根、にんじん)

赤玉土4割、腐葉土3割、その他1割 投入する野菜品目としては イモ類(サトイモ、ジャガイモ、さつまいも)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です