甘酒は栄養素をたくさん含んだ「飲む点滴」しかもアルコールフリー

麹菌は微生物の中でも、とりわけ酵素を生み出す力が強力で、アミラーゼ(デンプンをブドウ糖に分解する酵素)、プロテアーゼ(タンパク質をアミノ酸に分解する酵素)、リパーゼ(脂肪を分解する酵素)など、麹菌が生きるためにいろいろな種類の酵素をつくっていきます。

その麹を発酵させて作る甘酒には、ビタミンやミネラルも豊富に含まれるほか、8種類の必須アミノ酸もすべて含まれています。

必須アミノ酸とは、タンパク質を構成するアミノ酸のうち、その動物の体内で充分な量を合成できず栄養分として摂取しなければならない9種類のアミノ酸のことを言います。

9種類の必須アミノ酸

  • トリプトファン
  • リシン
  • メチオニン
  • フェニルアラニン
  • トレオニン
  • バリン
  • ロイシン
  • イソロイシン
  • ヒスチジン
  • しかも弊社の、米麹で生産する麹甘酒には、酒かすで生産する甘酒と違って、アルコール分が含まれていません。これらは私たちが呼吸をしたり、消化・吸収したり、筋肉を動かしたりするなどの生命活動に必要な酵素を補うために必要で、これだけの栄養素がバランスよく含まれているために甘酒は「飲む点滴」と言われています。

株式会社 農業経営研究所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です