家庭菜園 有機質肥料の使い方

家庭菜園 有機質肥料の使い方

有機質肥料の使い方

土壌の科学性には、粘土鉱物、腐植(土壌粒子と有機物が結合した物質)と、窒素、リン酸、カリウム、カルシウム、マグネシウムの主要な5つの肥料成分、硫黄、鉄などの微量要素があります。粘土鉱物は、肥料分を化学的に吸着して貯める役割があるので、地力に関係します。砂質で少なく、重粘土壌で多くなるので、砂質土壌では地力は低くなります。また、微量要素も植物にとって大切な養分です。粘土鉱物はゼオライトや粘土、微量要素は堆肥などで供給します。

窒素、リン酸、カリウム、カルシウム、マグネシウムは植物の主要な栄養素です。これらは、化学肥料あるいは、魚滓、コメヌカ、大豆油粕、菜種油粕、カニガラ、フェザーミールなどの有機質肥料で供給します。有機質肥料は、野菜の種類や時期に合わせ、混合して使用します。

野菜ごとの肥料

野菜の種類によって、肥料成分の要求が異なります。ホウレンソウやコマツナなどの葉物野菜は窒素肥料を好むので、有機質肥料では採種油粕や大豆油粕を使用します。キュウリやスイカなどの、つる性の野菜類はカリウムを好むので大豆油粕、イチゴやナスなどの果菜類はリン酸を好むため、魚滓を多めに使用します。また、根の深いナスやホウレンソウは深い位置、根の浅いキュウリやイチゴは浅い位置に使用します。

 

土壌改良の効果が実感できる竹酢液は、国産の竹の原料の産地がきちんと表示されていて、炭になる製法がきちんと説明されている商品です。

家庭菜園で堆肥として使用するミミズ堆肥は有機特殊肥料として注目されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です