家庭菜園 雑草を抑える方法

家庭菜園 雑草を抑える方法

農耕は雑草との戦いであったといっても過言でないほど、草取りは農民に重労働を強いてきました。農作物を同じ職場で栽培を続けると、アレロパシーの関係で、その作物に選ばれた草だけが残り、雑草を減少させます。また、輪作も雑草を抑える働きのあることが経験的に知られています。イネ科とマメ科の輪作、ソバと野菜の輪作などは雑草を少なくすることが明らかになっています。種子は水分、酸素、温度が揃ってはじめて発芽します。深い位置に播種すると、水分は十分ですが、酸素が不足します。逆に浅い位置に播種すると、酸素は十分ですが水分が不足します。このため、伝承農法では播種の方法に工夫がありました。ソラマメは「おはぐろ」(種の黒い部分)から根と芽を伸長させます。そこで「おはぐろ」を下方の深い位置に向け、尻がやや見える程度に播種し、発芽に必要な水分と酸素を確保しました。また、ダイズやインゲンマメは1穴に3~5粒を播種することで、深い位置に播種しても、種子と種子の間隔に空気をためることによって、酸素と発芽温度を確保しました。また、発芽温度に満たない時期に苗を作る方法として、落ち葉、枯れ草、コメヌカなどの有機物が発酵するときに発生する熱を利用した、踏み込み温床があります。

病害虫に強い農法

自然農法、有機農法、伝承農法と化学肥料はほとんど用いません。病害虫の発生と肥料には正の相関関係があり、多肥は病害虫に弱く、少肥は病害虫に強くなることから、自然農法、有機農法、伝承農法はは病害虫に強い農法といえます。

また、自然農法、有機農法、伝承農法は自然生態系を重視する農法であるため、土壌中の小動物や微生物、飛来する昆虫など生物の多様性が維持され、病害虫など特定の生物が優先して繁殖することを抑制しているものと思われます。田畑での生物多様性は餌の関係から鳥類など周囲の生物生態へも影響を与え、コウノトリやときの復活にも貢献するものと思われます。

土壌改良の効果が実感できる竹酢液は、国産の竹の原料の産地がきちんと表示されていて、炭になる製法がきちんと説明されている商品です。

家庭菜園で堆肥として使用するミミズ堆肥は有機特殊肥料として注目されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です