家庭菜園 自然農法

家庭菜園 自然農法

自然の仕組みを活用する「自然農法」

昭和10年岡田茂吉、昭和22年福岡政信、昭和53年川口由一の3氏によって提唱された方法で、農薬と化学肥料を用いず、地域に適応した種苗の育成、土壌や気候条件に合わせた適期・適地作、周囲の生物生態や物質循環の利用など、自然の仕組みを最大限に活用して栽培する方法です。

岡田茂吉(1882~1955)

岡田氏は昭和10年から自然農法に取り組んだとされ、「自然尊重」と「土の威力を発揮する」が基本となっています。「凡そ世界にある森羅万象凡ゆるものの生成化育をみれば分かる如く、大自然の力、即ち太陽、月球、地球というように、火・水・土の三元素をによらぬものは一つもない。勿論作物もそうであるから、日当たりを良くし、水分を豊富にし、土をより清くすることによって、作物は人間の必要以上余る程生産されたものである。「岡田茂吉論文集 神示の健康」というように、自然の力を最大限利用することを提唱しています。また、農薬や化学肥料は直接あるいは農作物を介して人体に悪影響を及ぼし、農業経営を悪化させ、農民に過剰な労働を強いているため、「無農薬、無化学肥料」を栽培技術としています。岡田氏の考え方は、世界救世教信者を中心に自然農法普及会活動を通じて全国各地に広がりましたが、昭和44年の普及会解散と生産の不安定から、徐々に衰退し、信者を中心に受け継がれるのみとなりました。一方、その思想は露木裕喜夫(1911~1977)に受け継がれ、日本有機農業研究会発足につながり、千葉県南房総市の自然農法へと発展しました。

 

土壌改良の効果が実感できる竹酢液は、国産の竹の原料の産地がきちんと表示されていて、炭になる製法がきちんと説明されている商品です。

家庭菜園で堆肥として使用するミミズ堆肥は有機特殊肥料として注目されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です