家庭菜園のメリット・デメリット

家庭菜園のメリット・デメリット

家庭菜園のメリット

家庭菜園は調理場に直結しているため、必要な時、必要な量を収穫することが出来、家庭菜園で栽培された野菜類をもとに献立を決める楽しみもあります。家庭菜園での農作業は過度な運動を伴いますので、心身の健康にもとってもプラスになります。また、家庭菜園での作業は家族全員で行われることもあり、家族のコミュニケーションの場にも役立っているでしょうし、さらに家庭菜園は集団で設置されることが多いので、日ごろ話をする機会の少ない近所の人たちとの交流の場にもなります。日本人の食生活は大きく変化し、これまでの野菜・米飯中心から、肉・パン食へと変わり、野菜の摂取量は少なくなりました。食べ物は人の健康に大きな影響を与えますが、最近の食べ物の傾向は心身に悪影響を及ぼしているかもしれません。家庭菜園は、野菜類が簡単に手に入るため、日本型食生活の復活にも役立っています。食を通して、日本文化の継承や失われつつある社会道徳にも良い影響を与えるものと思われます。また、家庭菜園者は地場産の野菜にも目を向けるようになり、地域の振興や農産物の自給率向上にもつながり、フードマイレージの減少にも貢献します。

家庭菜園のデメリット

野菜類は野生の植物が改良されたもので、人の健康に悪影響のあるアルカロイドやアレルゲンが少なくされてきました。しかし、健康志向の強い家庭菜園では原種に近い野菜類も栽培されることから、逆に健康に悪影響を及ぼす場合があります。

実際、アトピーを悪化させた例もあります、また、家庭菜園の新鮮な野菜は生で食べたくなりますが、これも害になる場合があります。農薬は調理法まで想定し、安全性を保障してますが、本来熱を加えて食べる野菜を生で食べることは想定されていません。また、伝統食では(ゆでる、つける、水にさらす)などで健康に悪影響を与える物質(毒)を抜いてから食べました。生の野菜は刺身のツマや薬味程度でした。野菜は食べた方が健康にいいですが、生野菜は食べない方が健康にいいのかもしれません。珍しい野菜は作る楽しみと食べる楽しみがあるので、日本で栽培されたことのない野菜も家庭菜園では見かけます。野菜類は居住する地域で不足するミネラルやビタミンを補給するために利用されてきた種類も少なくありません。そのような野菜には多少毒性があっても、健康上必要で食されてきた種類もあります。家庭菜園はその楽しさから、栽培規模を拡大しがちですが、そのため大量の野菜が生産され処分に困る例もあります。家庭菜園は本来、家庭で消費する野菜を補完するものという考え方が大事になります。

土壌改良の効果が実感できる竹酢液は、国産の竹の原料の産地がきちんと表示されていて、炭になる製法がきちんと説明されている商品です。

家庭菜園で堆肥として使用するミミズ堆肥は有機特殊肥料として注目されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です