甘酒とはどんなもの?アルコールは入っているのか?

甘酒とはどんなもの?

甘酒は、お米で作られた発酵飲料で江戸時代から日本人に親しまれていました。白米の固めのお粥に米麹を混ぜ、発酵させて作るもので、元々、神事用に作られてきました。現在は、甘酒と言えば寒い冬に飲むというイメージがありますが、江戸時代では夏バテを防ぐために飲む発酵飲料でした。また、現在はお粥を入れないで作る方法も出てきています。

甘酒にはアルコールは入っているの?

甘酒は米麹をベースにするものと酒粕をベースにするものがあります。米麹を使うものはアルコール度数は0%です。そして酒粕をベースにするものは、清涼飲料として売られていてアルコールは1%未満です。ですから分類としたらお酒ではありません。しかし、1%未満とはいえお酒の弱い人や妊娠・授乳中の人、子どもさんは注意が必要です。

甘酒に似ている飲み物に「白酒」があります。同じものだと思っている人は多いかもしれませんが、別の物です。甘酒はお粥に米麹を混ぜて保温することで、お米のデンプンを糖化させるものです。一晩で簡単に作れるので一夜酒とも呼ばれていた飲み物です。 一方、昔からひな祭りなどに供えられてきた白酒は、焼酎やみりんなどに麹や蒸した餅米を仕込んで、もろみを1ヶ月熟成させ、すりつぶして作ったお酒のことです。アルコールは9%前後あり、糖質は46%です。酒税法では白酒はリキュール類に分類されています。

株式会社 農業経営研究所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA