甘酒がもたらすダイエット効果とは

甘酒には米麹を使ったものと酒粕を使ったものがあり、ダイエットにいいと言われているのは、米麹を使った甘酒です。酒粕は作る過程で砂糖を使用しているのでダイエットには不向きです。甘酒がダイエットにいいと言われているのは、以下の効果によるものです。

ビタミンB群が新陳代謝を助ける

ビタミンB群には炭水化物をエネルギーに変える働きがあります。ビタミンB群を摂取しないと、糖質や脂質が代謝されずに身体の中に溜まってしまいます。ビタミンB群を摂取することで身体の新陳代謝を高める働きが期待できます。

酵素の働きでデトックス効果

甘酒には代謝に欠かせない酵素が100種類以上含まれています。その中のリパーゼという酵素は脂肪分を消化し、エネルギーに変えるという働きがあります。また、内臓脂肪や皮下脂肪を燃焼させる働きがあるのです。酵素には腸の働きを活性化する効果があり、腸内環境が改善されると溜まった老廃物や悪いものが排出されやすくなります。そのためデトックス効果が期待できるのです。

アミノ酸で脂質代謝を促す・リラックス効果も

甘酒に含まれている豊富なアミノ酸にはさまざまな身体によい効果があります。その中でも、GABAというアミノ酸は、「血中のコレステロール・中性脂肪をコントロールし、脂質の代謝を促進する」「血液をさらさらにしてくれる」「動脈硬化予防」「脂肪分解酵素を活性化し、成長ホルモンの分泌を促す」「内臓の働きを活溌にし、エネルギー消費量をアップさせる」「血液中の中性脂肪値を低くし、体重が増えるのを抑える」「自律神経に作用し、気分を穏やかにする」という効果が期待できます。

GABAにはストレスや疲れを緩和する効果があります。古くから親しまれてきた甘酒には癒しの効果があるのです。ホッとする効果は、甘酒が高ぶった神経を落ち着かせる効果があるからです。興奮している時は、交感神経が優位に働いています。甘酒を飲むことでその興奮を抑えて、副交感神経を優位にするように働きかけてくれます。このために甘酒を飲むと興奮が落ち着き、リラックスできるのです。

乳酸菌で便秘解消の効果

植物性乳酸菌は生きて腸まで届くと言われている乳酸菌です。甘酒にはこの乳酸菌が含まれています。また、オリゴ糖も含まれていて善玉菌のえさになってくれます。この乳酸菌やオリゴ糖のおかげで腸内の環境が良くなって便秘の解消に効果が期待されます。便秘が解消されることで身体の代謝がよくなることが期待できます。

ブドウ糖で満腹効果

ブドウ糖は摂取するとすぐにエネルギーとなって消費されます。また、ブドウ糖の甘味は満腹中枢を刺激するため、食事の前に甘酒を飲むことで食べ過ぎを防いでくれます。

酵素・食物繊維で美肌効果

酵素は代謝を促してアンチエイジングが期待できる成分です。また、食物繊維は腸内環境を整えて便秘を解消してくれます。便秘が解消されたら肌荒れなどのトラブルが改善される効果が期待できます。

株式会社 農業経営研究所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA