甘酒は、腸の善玉菌を増やすオリゴ糖と食物繊維が含まれ腸の活動をよくします。

甘酒に含まれるオリゴ糖は途中で消化されることなく大腸まで届き、腸内フローラの中の善玉菌である乳酸菌やビフィズス菌のエサとなります。そしてこれらを増殖させることにより、善玉菌の数を増やし、悪玉菌よりも優勢になるように働きます。

また、食物繊維も腸内フローラを改善するためになくてはならないものです。

食物繊維には2種類あり、水に溶ける方が水溶性食物繊維、水に溶けないのが不要性食物繊維です。この中で、水溶性食物繊維のほうは善玉菌のエサトなって増殖させ、腸内フローラの細菌バランスを改善してくれます。不要性食物繊維は便の量を増やして柔らかくするため、便が出やすくなり便秘を予防します。そのため、腸がきれいになりやすく、悪玉菌が増えにくくなり、腸内環境がよくなります。オリゴ糖と食物繊維のこのような働きにより、腸内フローラの強い味方となってくれるのです。これらが毎日おいしく摂取できる甘酒は、毎日でも摂取したい食品です。

 

株式会社 農業経営研究所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA