雑穀の国内生産量

日本国内の雑穀栽培面積は、1900年代で ヒエは71,900haから2001年には123ha,あわは1900年代で243,000haから2001年には41ha,キビは1900年代には34,100haから129ha等、急速に国内では減少したが2000年以降少し増加してきている。国内では岩手県が栽培面積の80%を栽培している。アマランサスについても、岩手県が全国作付面積の60%を占めている。2002年のヒエの作付面積は、150haで収穫量は305t、あわは53haで72.3t、キビは152haで180t、はとむぎは309haで515t、アマランサスは10.8haで11.4tである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA