雑穀の品質管理

 

雑穀の品質は、石や異物が入ってないことが最低限の条件で、栽培時に農薬等で窒素過多土壌で栽培されてたり、植栽密度が高いと倒伏し、細かい雑穀の穂に石などがついて収穫後に混入する可能性がる、これらが混入すると除去はむずかしい。

カビについては、アフラトキシンという人体にとって猛毒を産生する種類があり世界的に問題視されている。貯蔵の方法でカビがついあtものがあるので、輸入品や長期間貯蔵は気をつける必要がある。農薬は使用しないものが多いとされているが、海外で生産されたものの多くは収穫後に輸入される段階で殺虫菌処理されることがある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA