雑穀の加工

雑穀は収穫されたままでは食べられない。大きく1次加工と2次加工に分けられる。

1次加工とは、収穫された雑穀を精白したり粉に出来るようにして、保管できるようにする。2次加工とは、食品として食べれるようにする、料理の一部も含む。

1次加工とは、もみすりと精白の過程からなる。もみすりとは、えいかの外についている消化できない殻をはずす作業で、精白とは食味をあげるために果皮、種皮、糊粉層の部分をけずりとる作業で、えいは果実を保護するためにイネ科がもつ器官で硬い繊維から出来http://nokei.info/wp-admin/edit.phpている、不消化繊維であると同時に食味を低下させるため精白によって取り除かれる。しかし粉にしてすべて食べることも出来る。1次加工の手法はイネに比べて粒のサイズが小さいため、イネのようにもみすりと精白を厳密にわけられない品目があることや、作業工程を厳密に分けられない場合もあるため、栄養分の多いヌカが除去されず機能性の高い食品として利用されることが多い。ひえやあわの場合は、ついた後で風力選別によってごみを飛ばし「つきうす」で精白するか粉にする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA