家庭菜園 落ち葉

家庭菜園 落ち葉

落ち葉をそのまま畑に施用するには

落葉樹林や公園などからは、冬期間に落ち葉、河川や田畑の畦畔からは収穫残渣を採集することができます。また、畜産からは糞尿が排出されます。これらの有機物は田畑に直接施用すると、障害を発生させる恐れがあるため、通常は分解(発酵)させてから田畑に施用します。分解され堆肥となった有機物は土壌全体に混和することが出来ますが、ここでは未分解の有機物を、表層あるいは深層に施用しても障害を発生させない方法を紹介します。

なお、有機物とは堆肥を含め、窒素、リン酸、カリウムなどの肥料成分が少ない有機質資材で、有機質肥料とはこれらの肥料成分の高い、肥料取締法で認められた有機質資材を指します。

①落ち葉を表面に施用

畜産廃棄物をもちろんのこと、未分解の落ち葉や枯れ草を直接土壌に混和すると1)分解に伴って、植物の生育を阻害する物質が産生される。2)分解に伴って、土壌中の窒素が奪われ窒素飢餓現象を生ずる、3)有機物によって水の移動が遮断され、根の伸長が抑制される、などの障害を生ずることが多々あります。障害を発生させず有機物を未分解の状態で土壌に還元する方法に表面施用があります。

通常、有機物が堆肥化される際には、堆積されて低酸素状態で分解されるので、有害物質も産生されます。そこで、未分解の有機物は野菜の畝間土壌表面に散布します。こうすることで、土壌表面であることから、酸素供給が十分な状態で分解され、分解に伴って発生する有害に物質の産生が少なくなります。また、たとえ有害物質が産生されても、降雨によって薄められ、障害を発生しない濃度になります。有機物の表面施用は野菜の敷き科になるとともに、野菜の収穫が終わるころには、ほどよく分解され、良質の堆肥になります。有機物は野菜の収穫後に土壌とよく混和し、次作の土壌改良や栄養分として活用できます。

土壌改良の効果が実感できる竹酢液は、国産の竹の原料の産地がきちんと表示されていて、炭になる製法がきちんと説明されている商品です。

家庭菜園で堆肥として使用するミミズ堆肥は有機特殊肥料として注目されています。

家庭菜園 土づくりの基本4

家庭菜園 土づくりの基本4

地力と地力窒素

地力とは、以下の3つを総合したものをいいます。

  1. 窒素、リン酸、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどの主要な無機肥料や硫黄、鉄、銅、亜鉛などの微量要素が粘土鉱物に吸着あるいは水相に溶けた状態
  2. 堆肥などの粗大有機物が土壌粒子の間に混じった状態
  3. 部分的に分解された有機物(タンパク質、アミノ酸、糖類、糖タンパクなど)が粘土鉱物と結合した状態(腐植)、あるいはそれらが水相に溶けた状態

また、腐食は微生物や根酸などによって容易に分解される易分解性腐植と、それらによって分解されない安定した難分解性腐植に分けられます。「地力窒素」とは気温が上昇して微生物活性が高まり、あるいは野菜が定植されて根酸が産生されたときに、無機肥料に分解される易分解性の腐植を指します。

農耕は土を耕すことを前提にしていますが、畑は耕す時期(温度)によって、土壌中の有機物の分解が異なるので、春耕起と秋耕起ではまったく異なった反応を示します。春耕起は温度の上昇に伴って分解型微生物が繁殖しますので、有機物は分解され、無機化が促進されて作物の栄養が作り出されます。逆に秋耕起は温度の低下に伴って合成型微生物が繁殖しますので、粘土鉱物とタンパク質などの有機物が結合した腐食が形成されて地力が増進されます。気温が低く有機物の分解が遅い地域では、地力窒素を有効化するため春に耕します。気温が高く有機物の分解が速い地域や、地力が低い畑では、地力を高めるためや、消費(分解)される有機物を補うため、有機物を投入して秋に耕起します。

 

土壌改良の効果が実感できる竹酢液は、国産の竹の原料の産地がきちんと表示されていて、炭になる製法がきちんと説明されている商品です。

家庭菜園で堆肥として使用するミミズ堆肥は有機特殊肥料として注目されています。

家庭菜園 土作りの基本3

家庭菜園 土作りの基本3

土壌の立体構造をつくる

耕起の方法の工夫をします。最近は、家庭菜園向けの小型耕転機が10万円以下で販売されており、市民農園ではレンタルできるところもあります。そのため、使用する人も増えてきましたが、耕転機によるロータリー耕は土壌を均一にする耕起することは得意とするものの、逆に土壌構造を破壊します。そこで、下層は鋤(プラウ耕)で15cm~20cmを粗く、中間層は鍬(ロータリー耕)で5~10cmをやや細かく、表層はレーキ(ハロー耕)で0~5cmを細かく耕します。ゴロゴロ層(大粒)、コロコロ層(中粒)、ナメラカ層(細粒)の3層からなる土壌構造を作ることによって水の縦浸透を助け、作物の根張りを良くします。これらは、手作業で行うこともできます。化学肥料や有機物は、野菜の根が活躍する中間層に混合するため、2回目を耕す前に畑に散布します。有機物の施用量は土壌の種類や気温によって異なりますが、本州では10㎡あたり、15~20kgを目安に施用します。プランターや鉢栽培では、底に水はけのよいバークなどを入れ、次に完熟した有機物の混合された土を入れ、最後に細かい土を入れます。これも、畑の立体構造と同じ土壌環境をプランターや鉢の中に作るためです。傾斜地や水はけの悪い畑では、エロージョン(土壌侵食)の防止や降水時の水の横移動を助けるため、明渠(排水路)を設置します。傾斜の弱い畑では垂直方向で浅い明渠とし、傾斜の強い畑では土を流さないため水平方向で深い明渠とします。明渠の方向や深さは土壌の種類、水はけの程度、傾斜の程度、排水口などを勘案して決めます。家庭菜園でも、傾斜や水はけによっては、小規模でも明渠を作ったほうがいいでしょう。また、畑には畝を立てます。傾斜の弱い畑は水平方向の低い畝、水はけの悪い畑は垂直方向の高い畝、乾燥する畑は平畝など、気温、降水量、作物の種類、水はけの良否、栽培期間などに合わせて、高畝や平畝栽培を行います。さらに、外部から水の浸入する畑では、周囲に畝を作り水の浸入を防ぎます。

土壌改良の効果が実感できる竹酢液は、国産の竹の原料の産地がきちんと表示されていて、炭になる製法がきちんと説明されている商品です。

家庭菜園で堆肥として使用するミミズ堆肥は有機特殊肥料として注目されています。

家庭菜園 土作りの基本2

家庭菜園 土作りの基本2

土壌の立体構造をつくる

土壌は、母岩が気候や埴生などの影響を受け、長い時間をかけて形成されたもので、下層土(心土)、上層土(作土)の立体構造が作られています。畑や水田は、元の山林・草原や低湿地の地形をそのまま利用した本畑と本田、人為的に高みを削り、窪みを埋めるなど地形を改造した造成畑と造成田に分けられます。本畑・本田は原地形が保存されているため、立体構造がしっかりしているのに対し、造成畑、造成田は立体構造が破壊されている場合が多く、削られた部分は乾燥しやすく、埋められた部分は湿害を受けやすいなど、土壌構造が破壊されていることが多い傾向にあります。農機具があまり発達していなかった時代は、土壌構造に合わせて田畑を畝で区切って利用しました。しかし、近年、多くの圃場は機械化に伴って原地形が無視され、畝が取り除かれて均一化、大規模化されました。このため、土壌表面は均一に見えるものの、土壌構造は不均一となっている場合が多く、これが地力の差となり生産不安定の一因となっています。農業では、薄い作土層による栄養不良は化学肥料の施用などによって解決し、多肥による病害虫の発生は農薬によって防ぐなどの対策がとられました。大規模化によって生じた生産の不安定要因の多くは化学肥料や農薬によって克服されたのです。しかし、家庭菜園では化学肥料や農薬を用いることが少ないため、本来の土壌構造を作る必要があります。

本田・本畑と同じ土壌構造を作る方法として、暗渠の設置や耕起方法の工夫があります。まず、水はけの悪い菜園では暗渠を設置します。70cmの深層暗渠、30cmの浅層暗渠を別個に設置する方法と、深層・浅層暗渠を組み合わせる方法がありますが、土壌や栽培する作物に合わせて設置します。水の流れを変えて、傾斜に沿って、70cmあるいは30cmまで掘り下げて、ここにモミガラを10cm前後入れて、土を戻します。広い家庭菜園の場合は、10cm間隔で平行に設置します。

土壌改良の効果が実感できる竹酢液は、国産の竹の原料の産地がきちんと表示されていて、炭になる製法がきちんと説明されている商品です。

家庭菜園で堆肥として使用するミミズ堆肥は有機特殊肥料として注目されています。

家庭菜園 土作りの基本

家庭菜園 土作りの基本

理想は30対40対30

畑の土には有機物があり、これを分解する微生物や昆虫、小動物たちこれを餌にする鳥類やモグラ、イノシシなどさまざまな生き物たちが生息しています。野菜は分解された無機物を栄養源として生育します。野菜もまた畑に生きる生き物の一つなのです。土と野菜、これをつなぐ微生物や昆虫、小動物はせめぎ合い、助け合い、傍観者になり、互いになんらかの影響を及ぼし合って生きています。

家庭菜園の畑には、適度の水もちと水はけが必要です。砂地のように水もちの悪い土壌、重粘土のようにまったく水が浸透しない土壌のいずれも適当ではありません。土壌の粒子を固相、間隙の空気の相を気相といい、ここが根の伸長する部分です。固相30~40%、気相30~40%、水相30%の分布が最も良い状態といわれています。土を握った時耳たぶほどの弾力性を持った土がおおよそこの状態です。

家庭菜園の畑では、土をこの理想状態に近づけるようにします。水をかけると、気相は水と入れ替わります。水をかけて握ったときに崩れない水分60%程度の状態が、ほとんどの野菜類が最も育ちやすいといえます。このため、畑に有機物を投入したり、耕起を工夫することなどによって、水分が保持されやすく縦に適度に浸透するような土壌構造を作ります。

本畑は土壌の立体構造がしっかりしていますが、造成畑は土壌構造が破壊されている場合が多いです。

土壌改良の効果が実感できる竹酢液は、国産の竹の原料の産地がきちんと表示されていて、炭になる製法がきちんと説明されている商品です。

家庭菜園で堆肥として使用するミミズ堆肥は有機特殊肥料として注目されています。

家庭菜園 キャベツ、ハクサイ、ダイコン栽培

家庭菜園 キャベツ、ハクサイ、ダイコン栽培

キャベツ栽培、ハクサイ栽培

原産地で農作物が、「群落を形成していたのか、あるいは孤立していたのか、平原で栽培していたのか傾斜地で栽培していたのか」などによって、栽植密度も当然異なってきます。水稲を単位面積当たりの本数を一定にし、1株を1本、2本、3本と変えて植え、生育と収穫を調べると、3本植えが生育、収穫とも高いことがわかります。このように植物は原産地の生育条件に合わせるとよく生育し、収量も多くなります。

キャベツとハクサイは同じアブラナ科野菜であり、地中海沿岸とその周辺が原産地と言われています。しかし、生育環境は異なり、キャベツの先祖、ケールは岩壁の割れ目に根を下ろし、ハクサイの先祖は草原に根を下ろしていました。このような原産地に適応進化したキャベツは集団を好み、ハクサイは孤立を好む性質があります。キャベツは相互に助け合うため、密植が生育を助長しますが、逆にハクサイは株同士が競合し、密植は生育を悪くします。このため、ハクサイは苗の質を揃え、十分に株間をあけて定植する必要があります。キャベツは苗がやや不揃いでも、定植することで互いに助け合って、弱い株の生育を補完します。また、キャベツは草を排除せずに共栄するため、雑草防除はほとんど必要なく、ハクサイは草を排除する必要があるため、雑草防除が必要となります。

ダイコン栽培

ダイコンはサヤに3~6粒の種子が入っており、サヤも硬いため、キャベツやハクサイなど他のアブラナ科野菜のようにはじけて種子が分散することはほとんどありません。このため、ダイコンの種子はサヤに入った状態で地面に落ちます。このような生態から、ダイコンは1穴に3~5粒を播種すると、発芽とその後の生育がよくなります。イネンゲンマメやダイズなどの豆類もサヤの中に2~8粒の種子が入っていますこのため、豆類もまた1穴に2~3粒を播種する技術があります。また、カボチャやスイカなどのウリ類は硬い種皮に覆われており、保存性は良いものの、吸水がむずかしく、発芽揃いが悪い傾向にあります。このため、ウリ類は、吸水後に播種すると発芽と発芽揃いがよくなります。

土壌改良の効果が実感できる竹酢液は、国産の竹の原料の産地がきちんと表示されていて、炭になる製法がきちんと説明されている商品です。

家庭菜園で堆肥として使用するミミズ堆肥は有機特殊肥料として注目されています。

家庭菜園 野菜の原産地2

家庭菜園 野菜の原産地2

数少ない日本原産の野菜

日本を原産地とする野菜類は数少なく、現在は一部を除き、山菜として山採りされるものがほとんどです。

日本が原産の野菜

フキ、セリ、ウド、ハマボウフウ、タテ、ジュンサイ、アサツキ、ラッキョウ、ミョウガ、マコモ、クロクワイ、ヒエ、ヤブカンゾウ、オニユリ、ヤマユリ、アシタバ、ミツバ、ミズアオイ

伝統食の材料として、東北地方のフキ、ウド、アサツキ、山陰地方のハマボウフウ、伊豆諸島のアシタバ、沖縄県のヤブカンゾウなどが原種のまま栽培され、利用されています。日本原産の野菜は、日本の気候や土壌条件に適応、進化したため、無肥料・無農薬でもよく生育します。家庭菜園では日本原産の野菜を栽培品目の一つに加えることも必要です。

旬の野菜と適期

旬の野菜

旬の野菜は、人の手を何も加えずとも自然に生育し、食べ頃に収穫された野菜です。ですから、その野菜が生育していた土地の温度や日照などの気候条件に近い状態で栽培されたものでも、施設で環境を抑制して栽培された野菜は旬には含まれません。旬の野菜は原産地の気候に近い状態で栽培された野菜と言えます。

適期栽培

地力窒素の発現する時期に野菜類を播種あるいは定植した場合、肥料はほとんど必要なく病害虫による被害もほとんど発生しません。このような時期に栽培することを適期栽培と言います。適期はその野菜に備わっている生理生態によって異なり、期間も限られます。アブラナ科野菜の原産地では翌日の秋に出芽し、温暖で雨の多い冬期間に生育し、乾季のはじまる春に花を咲かせるリズムがあります。しかし、生育可能な温度であれば、長日に向かう春でも栽培出来ますし、高冷地なら真夏でも栽培可能です。人が関与することで、原産地の日長や降雨などのリズムに関係なく栽培が行えるわけです。このように人が関与した場合でも、適地栽培に含まれます。

土壌改良の効果が実感できる竹酢液は、国産の竹の原料の産地がきちんと表示されていて、炭になる製法がきちんと説明されている商品です。

家庭菜園で堆肥として使用するミミズ堆肥は有機特殊肥料として注目されています。

家庭菜園 野菜の原産地

家庭菜園 野菜の原産地

地中海型野菜

地中海型気候は、冬に雨が多く温暖で、夏は暑く乾燥します。このため、秋に発芽あるいは萌芽して冬期間生育し、春~夏開花する野菜が生育します。家庭菜園の定番であるキャベツ、ブロッコリー、ダイコン、コマツナなど多くのアブラナ科野菜、ホウレンソウ、タマネギ、エンドウなどが含まれます。日本で栽培する場合は秋に播種あるいは定植し、春~初夏に収穫するのがベストシーズンとなります。

コマツナ、ホウレンソウ、ダイコンなどは、年間を通じて栽培できる品種や方法がそれぞれの野菜で開発されています。時期によって収穫物の姿は異なります。たとえば、夏のホウレンソウと冬のホウレンソウをくらべてみると、冬のホウレンソウは茎葉がしっかりしており、重量感があるのに対して、夏のホウレンソウは貧弱です。また、食味や機能性でも異なり、夏のホウレンソウに比べて、冬のホウレンソウは甘く、変異原性を抑制する力も強いと言われています。

湿潤熱帯型野菜

雨が多く、暑い地帯が原産地で、単日で花を咲かせる野菜類が多く、ナス、キュウリ、サトイモなどがあります。日本で栽培する場合は春に播種あるいは定植し、夏~秋に定植します。

キュウリは家庭菜園でよく栽培されますが、狭い畑を有効に使うため、ネット栽培(支柱を立て、これにつるをからませて栽培する)が多くなります。キュウリは単日で花を咲かせ、日の短くなる秋によく実をつけます。そのため、夏~秋の収穫が作りやすい作型となります。

乾燥熱帯型野菜

雨が少なく、暑い地帯を原産地とする野菜類で、スイカ、トウモロコシ、サツマイモ、カボチャ、ピーマンなどがあります。雨が少ない地帯に生育するため、乾燥に適応した根や葉の形状を持っています。日本で栽培する場合は春に播種あるいは定植し、夏~秋に収穫します。南アフリカの砂漠を原産地とするスイカは、他のウリ類と異なり、深い位置に根を伸ばします。このため、スイカは根を深く伸ばすことのできる砂質の土壌が適地になります。中央アメリカの乾燥した痩せ地を原産とするサツマイモは、有機物の多い肥沃な土壌を嫌います。スイカと同じように砂質土壌を好むため、四国の鳴門や坂出で高品質のサツマイモが生産されます。

 

土壌改良の効果が実感できる竹酢液は、国産の竹の原料の産地がきちんと表示されていて、炭になる製法がきちんと説明されている商品です。

家庭菜園で堆肥として使用するミミズ堆肥は有機特殊肥料として注目されています。

家庭菜園の野菜づくり

家庭菜園 野菜づくり

シソ科野菜の原産地はヨーロッパ、インド、中国などで、生育環境は大きく異なります。多年草が多く、一部シソやスイートバジルなど一年草があります。独特の香りがあるため、香辛料として利用される場合が多くなります。また、バンガープランツや害虫の忌避植物としても利用されます。

野菜の原産地が生育条件を決める

トマトは南米、ナスはインド

日本で栽培されている野菜は海外から輸入されたものが多く、国内が原産地の野菜類は多くありません。農作物にはそれぞれ原産地があり、トウモロコシやサツマイモは中米のメキシコ、ジャガイモやトマトは南米アンデスといわれるように、原産地は世界各地に分散しています。原産地では、野菜類は気候や土壌条件に適応して進化していますので、人の管理を受けなくても立派に生育します。しかし、原産地以外での栽培は、土壌や気候などの生育条件が異なるため困難を極めます。原産地の気候や土壌条件を無視して野菜類の栽培を可能にしたのは、いうまでもなく、肥料、農薬、ビニールなどの農業資材です。

家庭菜園の野菜作りで最も重要なことは、原産地の日照、気温、降水量、土壌の種類などの生育環境や生育条件を知ることです。まず、砂質や粘土質など土壌の種類から、どのような野菜が栽培可能かを調べます。次に、野菜の生育条件に合う季節に栽培するよう適期を決めます。最後に、光の好み、水の好み、肥料の好み、根の深さなどから家庭菜園の栽培する位置を決め、耕す方法、有機物の種類など畑を準備します。播種は1粒まきや3~5粒まき、定植は深植えや浅植えなどそれぞれの野菜の性質に合わせます。さらに、野菜の生理・生態から雨除けや敷きワラ、土寄せや根切り、誘引や摘心などの栽培管理を行います。

土壌改良の効果が実感できる竹酢液は、国産の竹の原料の産地がきちんと表示されていて、炭になる製法がきちんと説明されている商品です。

家庭菜園で堆肥として使用するミミズ堆肥は有機特殊肥料として注目されています。

家庭菜園 野菜の分類 2

家庭菜園 野菜の分類 2

ユリ科野菜の原産地は地中海沿岸、ヨーロッパ、東南アジア、中国などに分散しますが、比較的冷涼な気候を好み、多年草や二年草が多くなります。タマネギやネギなどの実生繁殖系(種から育てる)は他殖性であるため、交雑種が数多くあります。単子葉であるため、アンモニアを好み、未熟な有機物でも育てることができます。また、根に菌根菌が共生するため、荒れ地でも生育できます。ネギ、タマネギ、ニラなどの葉物野菜がユリ科に属します。

マメ科野菜の原産地は中央アメリカ、南アメリカ、地中海沿岸、サバンナ、中国などに分散し、イネンゲンマメの高温・乾燥からエンドウの低温・潤湿まで生育環境は大きく異なります。一年草が多く、自殖性です。根に根粒菌(マメ科植物の根に共生し、空中窒素を固定する)や菌根菌を共生するため、荒れ地でも生育できます。エンドウ、インゲンマメ、ラッカセイなど実物野菜がマメ科に属します。

キク科野菜の原産地は地中海沿岸、ヨーロッパ、中央アジア、日本などで、比較的冷涼な気候を好み、主に多年草と二年草になります。根に根粒菌が共生し、地力の低い畑でも育ちます。また、害虫はあまり寄生しないか、あるいはキク科のみに寄生するため、バンガーブランツや害虫忌避植物として利用されます。キク科は根を食べるゴボウ、レタス、サンチュ、フキなど葉物野菜になります。

セリ科野菜の原産地は地中海沿岸、中央アジア、日本などで、比較的冷涼な気候を好み、耐陰性(日本でも育つ性質)の強い野菜が多く含まれます。主に二年草と多年草です。根に菌根菌が共生し、地力の低い畑でも育ちます。独特の香りがあるため、セロリヤパセリのように香辛料として利用される場合もあります。セリ科は根を食べるニンジンを除き、セリ、ミツバ、アシタバなど葉物野菜になります。

土壌改良の効果が実感できる竹酢液は、国産の竹の原料の産地がきちんと表示されていて、炭になる製法がきちんと説明されている商品です。

家庭菜園で堆肥として使用するミミズ堆肥は有機特殊肥料として注目されています。