家庭菜園の土 5

家庭菜園の土   5

土の化学性 2

腐植

野菜作りについて学びはじめると「腐植」という言葉が出てきます。腐植とは、土の中の有機物の事です。金属などが変質する「腐食」とは異なります。土壌中で動植物などを由来とする有機物が不完全に分解されている状態です。腐植は、分解されて無機化しやすい易分解性腐植(栄養腐植)と、ほとんど変化しない安定腐植(耐久腐植)に分けられます。家庭菜園で大切なのは栄養腐植です。栄養腐植は、水と温度を加え、微生物活性を高めると分解されて無機化し、栄養分が出てきます。この栄養分は窒素が多いです。一方、安定腐植は、水や温度を加え、微生物活性を高めて分解されずに残ります。安定腐植は、黒ボク土に多く含まれていますが、作物の栄養源としてはあまり価値はありません。

養分保持力

家庭菜園の土は栄養分豊富で肥沃であってほしいのですが、それを図るには「陽イオン」というものを使用します。無機物が、植物の栄養分であることから、無機物はプラス電荷(陽イオン)を持っています。そのため、陽イオンを多くひきつけることが可能な土壌は、栄養分の保持力が高く肥沃な土壌ということになります。無機物のうち、カルシウム、マグネシウムは原子1つに2つの陽イオンを持っています。また、カリウム、アンモニウムは1つの陽イオンを持っています。陽イオンを吸着する力があるのはマイナスに荷電している物質で、土壌中の粘土鉱物や腐植がそれにあたります。陽イオンを吸着できる量を陽イオン交換容量といい、養分保持力とも言います。養分保持力が大きいほど、栄養分を吸着する力が強く、多くの養分を保持できます。陽イオン交換容量は乾土100gあたりのmg当量で示します。値が大きいほど多くの陽イオンを吸着します。養分保持力の高いのは、モンモリロナイトやバーミキュライトといった粘土鉱物です。こうした、粘土鉱物が多く含まれる土壌では、栄養分が流されにくいので、肥沃な土壌になります。腐植の多い土壌も、栄養分を保持できるので肥沃な土壌になります。したがって、家庭菜園を肥沃な土壌にするためには、陽イオン交換容量が高く、手軽に手に入る物質を施用するといいでしょう。一般的なのは、バーミキュライトで土壌改良材として販売されています。

 

 

土壌改良の効果が実感できる竹酢液は、国産の竹の原料の産地がきちんと表示されていて、炭になる製法がきちんと説明されている商品です。

家庭菜園で堆肥として使用するミミズ堆肥は有機特殊肥料として注目されています。

 

 

家庭菜園の土 4

家庭菜園の土  4

土の化学性

家庭菜園の土には、(「肥えている」「痩せている」等の表現をすることがあります。こうした土壌の性質の指標が、土の「化学性」です。土の化学性を決める要素には、粘土鉱物や腐食の含量、養分保持力、酸度、五大栄養素や微量要素の含量があげられます。これらがバランスよく混合することが「肥えた土」になります。

粘土鉱物

岩石が風化してその成分がバラバラになり、それにさまざまな自然環境が作用すると、元の岩石とは異なる配列の結晶が生成されます。これが粘土鉱物です。粘土鉱物は肥料成分が逃げないように電気的に吸着したり、土壌粒子を結合して団粒構造を作ったりするなどの役目があります。粘土鉱物にはさまざまな構造があります。日本では、火山灰土以外の土壌に含まれる粘土鉱物のほとんどがカオリナイトと呼ばれるもので、アルミニウムとケイ酸が1:1の割合でつながっています。カオリナイトは肥料成分を吸着する力が小さく、野菜作りをする場合は、有機物を施用する必要があります。火山灰土に含まれる粘土鉱物としては、アロフェンがあります。黒ボク土に多く含まれていて、アロフェンを多く含む土壌は肥料成分を集めやすく、リン酸を保持する力が強いという特徴があります。

主な粘土鉱物と特徴

1)カオリナイト

アルミニウムとケイ酸が1:1の割合で、日本の火山灰度に含まれる粘土鉱物はほとんどがカオリナイト群です。肥料成分を吸着する能力は粘土鉱物のなかでも低く、カオリナイト群が粘土鉱物の主である土壌は生産性が低いです。

2)モンモリロナイト

アルミニウムとケイ酸が1:2の割合の構造です。肥料成分を吸着する能力は高く、生産性の高い土壌と言われています。

3)黒雲母

アルミニウムとケイ酸が1:2の割合の構造で、カリウムを間にはさんで層状になっています。黒雲母は風化しやすく、風化に伴ってカリウムを放出して水と入れかわります。花崗岩や泥岩起源の接触変成岩に多く含まれています。

4)白雲母・イライト

アルミニウムとケイ酸が1:2の割合です。肥料成分を吸着する能力は粘土鉱物のなかではカオリナイトの次に低く、シャモサイトが粘土鉱物の主体である土壌は生産性が低いと言われています。

5)アロフェン

火山灰度に多く含まれる、非結晶の粘土鉱物です。日本に多く存在する黒ボク土に多く含まれています。肥料成分を吸着する量は多いのですが、吸着する力が弱く、特にアンモニアとカリウムはほとんど吸着できません。

6)バーミキュライト

非結晶性の粘土鉱物で、上記の黒雲母を主成分とする蛭石に熱を加えて膨張させて者です。肥料成分を吸着する能力は粘土鉱物の中で最も高く、土壌改良資材として利用されます。

土壌改良の効果が実感できる竹酢液は、国産の竹の原料の産地がきちんと表示されていて、炭になる製法がきちんと説明されている商品です。

家庭菜園で堆肥として使用するミミズ堆肥は有機特殊肥料として注目されています。

 

 

家庭菜園の土 3

家庭菜園の土  3

土の物理性

家庭菜園の土には、硬いものもあれば、やわらかいものもあります。水はけのいい土もあれば、水持ちのいい土もあります。こうした性質を「土の物理性」といいます。土の物理性を決める要件は多いですが、「固相率、空気率、水分率」「土壌水分張力」「土壌構造」の3つが重要です。

固相率、空気率、水分率

土の固体の部分を固相といいます。固相と固相の間に隙間 孔隙(こうげき)

があり、この部分に空気(気相)と水(水相)が入っています。それぞれの率を固相率、空気率、水分率といいます。三相の理想的な比率は、固相率:空気率:水分率=5:2:3あるいは5:3:2と言われていて、いずれも固相と孔隙(こうげき)が1:1の半々です。

固相と孔隙(こうげき)が1:1の土はやわらかく、ふかふかになります。

固相率が50%以上になると、硬い土になり作物の根伸びが悪くなります。

土壌の水分張力

固相と固相の間の隙間 孔隙(こうげき)に入っている水分は、固相に吸着して結びついています。水が固相に結びつく力は、土壌水分張力(PF)で示されます。水分が土壌に全くない絶対乾燥状態が「7」でこれ以上水が吸着できないという飽和状態が「0」です。土の湿り気を示す数字ということです。乾燥状態の7では、水分は土壌にないので、植物は水を利用できません。逆に、

固相にしっかり吸着した水分も、植物は利用できません。植物が利用できるのは、固相に保たれていて、固相に吸着しすぎてない水です。これを「毛管水」といいます。毛管水が存在している土壌のPFは1.8~3.8でこのくらいの数値が、やわらかく、適度な湿り気の土と言えます。野菜は種類や生育のステージによって、水を吸収できる力が異なります。このため、毛管水であっても、すべての野菜が利用できるとは限りません。例えば、トマトの場合、生育初期は水を吸収する力が大きいですが、収穫期になると小さくなります。また、秋キュウリは夏キュウリよりも吸水力が大きいです。

PFの上限が2.0の野菜 夏キュウリ、トマト収穫期、イチゴ

PFの上限が2.2の野菜 ショウガ

PFの上限が2.5の野菜 秋キュウリ、トマト生育初期、セルリー、サトイモ

土壌構造

作物が良く育つ理想の土とは、適度に水はけが良く、適度に水もちも良いという相反する2つの条件を満たす土壌です。その条件を満たすには、土壌を構成する粒子の配列が重要になります。土の中の粒子の配列を土壌構造と言い、主に「単粒構造」と「団粒構造」があります。単粒構造は、土壌粒子がきれいに整列している状態で、粒子と粒子の隙間(孔隙)(こうげき)が少なくなっています。(孔隙)(こうげき)が少ない土は、養分や養分をためにくいので、野菜作りには適しません。家庭菜園に向いている土は、土の粒子が強く結合して粒状に固まった団粒構造です。団粒構造になると(孔隙)(こうげき)が増加するので、固相率が小さくなり、水はけや水持ちが適度で、根も伸びやすく、野菜づくりに適した状態になります。団粒構造を発達させるには、堆肥を施用することで、土壌内の有機物を増やすことです。有機物が微生物に分解される過程で団粒が形成されていくからです。このことから、有機物の施用が土づくりには大切な要素となります。砂のような土は、水はけがよくても水もちが悪いです、粘土のような土は、水もちが良くても水はけが悪いです。どちらも家庭菜園には向きません。家庭菜園に適している土壌は、水持ちと水刷毛の両方に優れた土が適しています。

 

土壌改良の効果が実感できる竹酢液は、国産の竹の原料の産地がきちんと表示されていて、炭になる製法がきちんと説明されている商品です。

家庭菜園で堆肥として使用するミミズ堆肥は有機特殊肥料として注目されています。

 

 

家庭菜園の土 2

家庭菜園の土  2

土の性質

家庭菜園の土の性質は、生成の過程が同じであっても場所により異なります。

なぜなら、土は粒子の組み合わせによって出来ているためです。土の中の粒子の大きさを「土性」と言います。具体的に話すと、土の粒子はおおきさによって、「粘土」「シルト」「細砂」「粗砂」の4つに分けることが出来ます。

「粘土」「シルト」「砂細砂+粗砂)」の含量によって土性が決定されます。言ってみれば、土性とは「粘土のように細かい粒子」と「粒のように細かい粒子」がどのくらいの割合で組み合わされているかで決まります。

粒径で言うと、粘土0.002まで、シルト0.002~0.02、砂砂0.02~0.2、粗砂0.2~2.0までになります。これらの土で、どれが家庭菜園での栽培に適しているかは野菜によって異なります。砂壌土はヤマイモ、ゴボウ、レタスに適しています。壌土はトマト、ナス、ピーマンなどに適しています。埴壌土はラッキョウ、ニラ、ショウガなどに適しています。壌土は握ると固まりますが、押せば崩れるくらいのやわらかさです。これに対し、砂壌土はよりやわらかい土で、排水性や通気性が良くなりますが、その分保水性・保肥性が悪くなります。乾きやすいの水やりを多くしなければなりませんが、水をやれば養分が流されやすくなります。一方壌土よりやや硬い埴壌土は保水性・保肥性が良くなりますが、排水性・通気性が悪くなります。雨が降るとぬかるみやすく、根腐れしやすい土です。土性は作物の生産性に関係します。なぜなら、排水性、透水性、保水性、養分吸収力、養分含量、根群の伸長などに影響を与えるためです。そのため、自分の家庭菜園の土性を知っておくことは大切で、栽培する野菜を選ぶときの参考の1つにします。

・砂壌土で生産する野菜一覧

ヤマイモ、ゴボウ、レタス、アスパラガス、ラッカセイ、キャベツ、ブロッコリー、タマネギ、ニンジン、ジャガイモ、サツマイモ、イチゴ、スイカ、メロン

・壌土で生産する野菜一覧

トマト、ナス、ピーマン、キュウリ、カボチャ、ハクサイ、ダイコン、カリフラワー、コマツナ、ミズナ、オクラ、トウモロコシ、ネギ、カブ、ホウレンソウ、シュンギク

・埴壌土で生産する野菜一覧

ワケギ、ニンニク、ラッキョウ、クワイ、セリ、ニラ、ショウガ、サトイモ、ミョウガ、エンドウ、ソラマメ、タアサイ、

土壌改良の効果が実感できる竹酢液は、国産の竹の原料の産地がきちんと表示されていて、炭になる製法がきちんと説明されている商品です。

家庭菜園で堆肥として使用するミミズ堆肥は有機特殊肥料として注目されています。

 

 

家庭菜園の土 1

家庭菜園の土  1

黒ボク土が多い

日本の畑地帯では、「黒ボク土」が最も利用されているので、家庭菜園でも黒ボク土の土壌が多いです。黒ボク土は黒褐色の火山灰土です。日本は火山国なので、火山の噴出物が広範囲に堆積してそれが母材として発達して黒ボク土になりました。黒ボク土の特徴は、活性アルミナ(酸化アルミニウム)が多く含まれていて、アルミナはリン酸と結合するので作物がリン酸欠乏になりやすく、育ちにくくなります。微生物の働きも弱くなり、やせた土壌になりやすいです。一方で黒ボク土は、通気性や排水性が良く、保水性もいいので適度な湿り気の土になりやすい適正をもっています。黒ボク土が黒色をしているのは、土壌の中に有機物が腐食して多量に集積しているためです。黒ボク土は、他の土壌に比べて腐食含量が高く、少ない場合でも5%、多い場合は20%以上を含む場合があります。その点では質の高い土壌と言えます。「褐色森林土」も畑でよく使用されます。落葉広葉樹が分布する地域で作られます。日本の産地や台地にも広く分布していることから、日本人にとっては最も知られている種類の土壌で「森林土」という名称です。日本の畑は森林を開墾した土地が多いので、畑にも褐色森林土が使用されています。そのため、家庭菜園でも同じように多く使用されています。色合いは褐色です。

熱帯広葉樹が繁殖する場所では、落ち葉によって土壌に有機物が豊富に供給されます。そのため、褐色森林土は微生物の働きで腐食が出来やすく、質の良い土壌になっています。

「岩屑土」も畑として利用されることがあります、山地や丘陵地の斜面に分布する土壌で、表土は浅く表層30cm以内に岩盤が現れます。

また水田に多いが「灰色低地土」と「グライ土」です。ともに沖積地帯に分布し、排水はあまりよくありませんが比較的肥沃で最近では畑に転用されています。グライ土の名称は、下層にある「グライ層」という地層に由来します。グライ層とは、地下水等により土地が酸素の少ない状態になっている部分で、鉄が還元鉄となることから地層が青くなっています。

新しく家庭菜園をはじめる場合、使用する菜園がどういう生成の土なのか気になる場合は、菜園の由来を、土地の所有者や近所の方に尋ねることで、もともと水田だった(水田由来)、畑だった(畑由来)がわかります。水田由来で、土の色が真っ黒の場合は、黒ボク土、灰褐色であれば灰色低地土、下層に青いグライ層があればグライ土と考えられます。グライ層の土を表層に取り出すと、酸素が供給され還元鉄が酸化鉄になり赤褐色に変化します。

家庭菜園が畑由来で、土の色が真っ黒だと黒ボク土で、山林の近くで表土が黒褐色で、黄褐色の次層があれば褐色森林土と考えられます。

 

土壌改良の効果が実感できる竹酢液は、国産の竹の原料の産地がきちんと表示されていて、炭になる製法がきちんと説明されている商品です。

家庭菜園で堆肥として使用するミミズ堆肥は有機特殊肥料として注目されています。

 

 

家庭菜園の野菜の栄養分

家庭菜園の野菜の栄養分

家庭菜園の野菜

動物は有機物を食べて栄養としますが、植物の場合は栄養は無機物です。植物の栄養となる無機物には、窒素、リン酸、カリウム、カルシウム、マグネシウムがあり、これらを「五大栄養素」といいます。五大栄養素が欠乏すると、作物の生育に影響が出ます。五大栄養素のほかにも、硫黄、マンガン、亜鉛、ホウ素、鉄、銅、モリブデンなどの微量要素があります。これらの栄養は、土から吸収されます。このことから、農作物を育てるためには土にこうした栄養素がどれだけ入っているかを知ることが大切です。

土には「理化学性」「生物性」の2つの性質があります。作物を育てるための土づくりでも「理化学性」「生物性」の2つはとても大切で理化学性の基本情報は、土壌の「土性」「物理性」「化学性」の3つの性質を言います。

家庭菜園の土の性質

土はどこから来たのか

家庭菜園で使用する土はどこから来たのか、土壌には、その土地ごとに大きく分けて2つの由来があります。

1つは、地域の気候や植生に由来したもので、成帯性土壌(気候性土壌)といいます。成帯性土壌には、ボドゾール、褐色森林土、ラチライトなどがあり、エリア一帯に同じような土壌が分布していることが多い特徴があります。もう一つは、近くの岩や火山などに由来するもので、間帯性土壌(成帯内性土壌)といいます。母岩(土の元になった岩)や地形によってつくられた土で、局所的に分布しています。間帯性土壌には、主に黒ボク土、灰色低地土、グライ土、泥炭土があります。日本の土壌はこれらが組み合わさって形成され、16種類に分類されます。岩屑土、黒ボク土、黒ボクグライ土、灰色台地土、赤色土、暗赤色土、灰色低地土、黒泥土、砂丘未熟土、多湿黒ボク土、褐色森林土、グライ台地土、黄色土、褐色低地土、グライ土、泥炭土です。

日本の畑土壌は黒ボク土が47%を占めていて、半分近くは黒ボク土です。黒ボク土は「黒土」と呼ばれます。また、褐色森林土も畑に多い土壌です。水田土壌では、灰色低地土とグライ土で全体の67%を占めています。低地土は「沖積土」と言われます。

主な土壌の種類を以下に示します。

1)成帯性土壌 ボドゾール、ラテライト、褐色森林土

2)間帯性土壌 黒ボク土(黒土)、灰色低地土、グライ土、泥炭土

3)非成帯性土壌 岩屑土

 

土壌改良の効果が実感できる竹酢液は、国産の竹の原料の産地がきちんと表示されていて、炭になる製法がきちんと説明されている商品です。

家庭菜園で堆肥として使用するミミズ堆肥は有機特殊肥料として注目されています。

 

 

家庭菜園の野菜と生育環境

家庭菜園の野菜と生育環境

家庭菜園の野菜

日本で栽培されている野菜は農林水産省に品種登録されているだけで、154種類と多く、そのうち流通しているのが約80品目あります。(指定野菜は14品目、特定野菜は29品目)

家庭菜園では、国内で流通する3分の1程度の種類が栽培されています。家庭菜園で栽培されている定番野菜となるともっと限られていて、家庭で料理に利用されている機会の多い品種になります。

家庭菜園で栽培されている主な野菜を以下にまとめてみました。

・実物野菜

トマト、ナス、ピーマン、キュウリ、オクラ、ゴーヤー、トウモロコシ、大豆、インゲン、エンドウ、ソラマメ、イチゴ

・根物野菜

ダイコン、ニンジン、ジャガイモ、サツマイモ、サトイモ、ラッカセイ、カブ、タマネギ、ショウガ、ゴボウ

・葉物野菜

ホウレンソウ、コマツナ、チンゲンサイ、ミズナ、レタス、長ネギ、キャベツ、ブロッコリー、白菜、ゴボウ

・ハーブ類

シソ、バジル、ルッコラ、ラベンダー、ローズマリー

家庭菜園で栽培される野菜は地域の気候や食文化によって異なりますが、これらのなかから15種類前後の野菜が選択され栽培されることが多いです。主に栽培されるのはアブラナ科、ウリ科、ナス科、ネギ科、マメ科、キク科、セリ科の7科の野菜と、シソ科のハーブ類です。

家庭菜園では、温室などの施設で栽培されることは少なく、普通は露地で栽培されます。露地栽培は、気温や光をコントロールすることが出来ないので,適期に栽培することになります。適期とは栽培する野菜類の生育適温の時期の事で、土の微生物、その野菜の根圏で生息する微生物にとって適温であることが大切です。そのため、適温とは、その野菜の生育に必要な気温と地温になります。適期に栽培した野菜類は旺盛に生育するので、病害虫に強く、肥料分も少なくて済みます。また、野菜類は、水を好む種類や乾燥を好む種類があり、土壌条件を選びます。そのことから、栽培する野菜が、好む土壌の物理性や化学性を調べ、その野菜にとっての「よい土」とは何かを考える必要があります。土壌条件のほかに、日照時間、降水量などの気候条件、水田や畑地帯、都市部や農村部などの環境条件、雑草を含めた周囲の植生条件、すべての条件に合致するのはむずかしいですが、できるだけ条件の合った適期・適地に栽培することが大切です。

土壌改良の効果が実感できる竹酢液は、国産で、竹の原料の産地がきちんと表示されていて、炭になる製法がきちんと説明されている商品です。

家庭菜園で堆肥として使用するミミズ堆肥は有機特殊肥料として注目されています。

 

 

ハーブ ミント類

ハーブ ミント類

栽培について大事なこと

・水を切らさない

・暑さ・寒さには弱い

・葉が枯れても新芽は出る

利用法

・ポプリ

・ハーブティー

特徴

鼻にぬけるさわやかな香りのミント類は、雑草のように強くて丈夫です。葉が枯れても根は生きていて、水を与えていると春にまた再生します。春先に苗を求めてふやすのがよいでしょう。竹酢液溶液の散布で、グリーンが鮮やかに。

品種の選び方

スペアミント、ペパーミント、パイナップルミント、オレンジミント、オーデコロンミント等、品種がたくさんあります。

植えつけ

水はけと保水性のよい用土に腐葉土を加え、緩効性肥料をほどこして植えつけます。鉢植えの場合、生育おうせいなので、大きめの鉢に植えます。

水やり

新芽が伸びている時期には、根は水を吸収します。夏の朝と夕方には水やりを行います。

置き場所

明るい場所が望ましいですが、紫外線の強い時期には、ときどき日陰になるぐらいの場所に置く方がグリーンがきれいです。真夏は日陰に置きます。水は好きですが、蒸れるのは嫌いなので、梅雨時や秋の長雨時には軒下に取り込みます。

ふやし方

根が強く、水を与えていると地下茎からどんどん新しい芽が出てきます。鉢植えなら、毎年株分けをしてふやしていきます。4月~6月ごろ、株を鉢から出して新芽を根から切り分け、3つくらいずつ一緒に、もとの大きさの鉢に植えます。

肥料・竹酢液

春になって新芽が伸びたら、油かすを置きます。室内なら週に1度、液肥を与えます。株の弱る夏は中止し、涼しくなったら再開します。竹酢液は、生育期間に500倍程度の溶液を株全体に散布し、株元にもやります。2週間に1度で充分です。葉が大きく、柔らかくなります。

利用法

脇芽が次々に出てくるので、生育期は新芽を摘んでいきます。摘みたての葉を洗ってポットに入れて、熱湯でミントティーが楽しめます。乾燥させると、香りがより強くなります。

効果が実感できる竹酢液は、竹の原料の産地がきちんと表示されていて、炭になる製法がきちんと説明されている商品です。

家庭菜園で堆肥として使用するミミズ堆肥は有機特殊肥料として注目されています。

 

 

ハーブ セージ

ハーブ セージ

栽培について大事なこと

・水やりはひかえ気味に

・挿し木で増やす

利用法

・料理用スパイス

・ドライブフラワー

・ハーブティー

特徴

厚みのある細長い葉には細い毛が密生していて、光の加減でシルバーがかった緑に見えます。上向きに勢いよく伸びた新芽の先には、ブルーサルビアのような紫色の花がいっぱいにつきます。挿し木のあとの生育は竹酢液溶液を使用します。

 

品種の選び方

種が大きいわりに発芽がむずかしく、幼い苗の生育が遅いので、大量に育てるのでなければ春先に苗を購入します。挿し木で簡単に増えます。パインの香りと赤い花が特徴のパイナップルセージ、黄色い花をつけるエレサレムセージ、クリーム色の斑入りの葉が美しいゴールデンセージ、ピンクの小花が咲くメキシカンブッシュセージ等、いろいろな品種があります。

植えつけ

水はけのよい用土を使用することが大事です。酸性土壌を嫌うので、ハーブ用土を使用するか、事前に苦土石灰とミミズ堆肥を加えて中和しておきます。多年草で2年目からは、茎が木のようになるので、大きめの緩効性肥料をほどこします。

水やり・竹酢液

苗を購入したら、800倍の竹酢液を全体に散布し、株元にもたっぷり与えます。その後、晩秋まで2週間おきに与えづづけ、2年目からは500~300倍にします。乾燥には強く、じめじめした環境には弱いので、水のやりすぎには注意します。追肥は必要なく、半年に一度は苦土石灰をほどこします。

ふやし方

春か秋に、新芽を5cmほど切って、清潔な水はけのよい土に挿します。土に埋める部分の葉は除きます。

効果が実感できる竹酢液は、竹の原料の産地がきちんと表示されていて、炭になる製法がきちんと説明されている商品です。

家庭菜園で堆肥として使用するミミズ堆肥は有機特殊肥料として注目されています。

 

 

ハーブ スイートバジル

ハーブ スイートバジル

栽培について大事なこと

・水は充分に与える

・開花の前につぼみを摘む

・秋に種を摘む

利用法

・料理用スパイス

・ポプリ

特徴

1年草ですが、春に種をまけば6月ごろから初冬まで葉を利用できます。春に苗を求め、挿し芽でふやしてもよいです。新鮮な葉の香りは、食がすすみます。5cmほどの苗をのうちから竹酢液を散布して繁らせます。

種まき

鉢で育てるなら、5号くらいの鉢にばらまきして、最終的に2本に間引いて育てます。この鉢が2つあれば家庭菜園で使用するには充分です。地植えなら、20cm間隔で1か所に6粒くらいずつまき、1本に間引きします。箱まきして植えかえてもよいでしょう。

土の準備

酸性土壌を嫌うので、ハーブ用の用土を使用するか、水はけのよい土に苦土石灰を加えて、ミミズ堆肥等であらかじめ中和しておきます。地植えでは油かす、鶏糞、完熟堆肥などの有機肥料を、鉢植えでは腐葉土を充分に加えます。

水やり

スイートバジルは、みずみずしい葉が命です。水分を好むので、水は土の表面が乾いたらすぐに充分に与えます。

肥料・竹酢液

月に1度、油かすを追肥します。生育期には、観葉植物用の液肥を10日に1度与えると葉が大きく育ちます。竹酢液は、本葉が3~4枚になったら800倍溶液をを株全体に散布し、1週間後から500倍溶液を株元に与えます。これは2週間に1度ずつ与えていきます。

芽摘み

株を大きくするには、本葉5枚くらいで芽を摘み、脇芽の先も摘みます。つぼみも早めに摘んでおきます。

効果が実感できる竹酢液は、竹の原料の産地がきちんと表示されていて、炭になる製法がきちんと説明されている商品です。

家庭菜園で堆肥として使用するミミズ堆肥は有機特殊肥料として注目されています。